ブログ

【保存版】スーツ屋がおすすめする基本の着こなし術

ファッションの世界ではスーツのコーディネートでもわざと外したような着こなしもありますが、まずは基本が大事です。簡単に3つだけ説明させていただきます。

まず1つ目に、ジャストサイズで着ることです。
バブル時代のようにダボダボではおかしいですし、小さくてピチピチすぎるのもおかしいです。袖も長すぎるよりはシャツの袖が1センチほど見える長さにすると清潔感が出ます。スラックスの裾も長すぎるより、くるぶしが気持ち隠れる程の長さにすると靴を履いたときにダボダボにならずにすっきりとまとまります。

2つ目に、縦のラインの色味を合わせることをおすすめします。コーディネートで一番気を使う所はスーツとシャツとネクタイの組み合わせだと思いますが、そこだけに注意してしまうと全体のバランスがおかしくなります。

例えば、青いシャツに紺のネクタイ、黒いベルトに明るい茶色の靴。これだと上半身と下半身で分断されたようなバランスでおかしいです。まずベルトと靴の色は合わせましょう。そして上半身と靴の色合い(色の雰囲気といったほうが分かりやすいかもしれません)も合わせましょう。上半身がブルー系なら黒い靴が合います。明るい茶色の靴を履きたいなら、上半身は赤系や黄色、緑系などの暖かい色味が合います。

そして3つ目に、靴はきちんと革靴を履きましょう。合皮ではなくて本革です。本革の靴は合皮より値段が高いですが、見た目が全く違います。さらに磨くことで艶も出ます。スーツ、シャツ、ネクタイと素晴らしいコーディネートをしていても靴が合皮だと台無しです。靴は必ず本革で、更にいえばスーツのデザインに合ったものを履きましょう。

以上3点を基本に様々な独自の着こなしにチャレンジしてみてくださいね。

  • 【保存版】スーツ屋がおすすめする基本の着こなし術 はコメントを受け付けていません。
  • スタッフブログ

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る