ブログ

スーツの袖ボタンにまつわる、それっぽい伝説

 

スーツ選びをしている際に、ジャケットの袖口に付いているボタンにまでこだわりを持つ人は少ないかもしれません。しかし、ふと、このボタンは何のために付いているのか?という疑問を持った経験のある方も多いのではないでしょうか。今は飾りとなっているこの袖ボタンは、もともとはすべて外せるようになっていました。テーパー(だんだん細くなる)された袖口でも着やすいようにというのがもともとの由来ですが、これにはもう一つ別の説もあります。

実はこの袖のボタン、一番初めに取り付けたのは、かの有名なフランスの皇帝「ナポレオン」であったという説です。

その由来は、ナポレオン率いるフランス軍がロシアへの侵略を試みる最中、極寒の山中で隊員たちが鼻水を袖口で拭ったのが事の始まりです。懸命に寒さをこらえ、進軍を進めるうちに隊員たちの袖口は鼻水まみれになっていました。鼻水を拭いた袖ではパレードがみすぼらしくなってしまいます。この様子を見たナポレオンが、袖口で鼻を拭えない工夫としてボタンを取り付けた、というお話です。

真偽の方は定かではありませんが、スーツの歴史はとても古いので、こういった説は実は他にもいくつかあります。

現在スーツに取り付けられている袖ボタンの多くは、ただお洒落として楽しむ飾りになっていますが、ボタンの付け外しが可能な「本切羽仕立て」など、いくつかの種類が存在します。本切羽仕立ては別名「ドクタースタイル」とも呼ばれており、ジャケットの袖口を捲ることが出来ます。仕事中に袖口がもたついて邪魔だと感じている場合には、オーダースーツで本切羽仕立てをご指定いただくか、もともと本切羽になっているジャケットを選ぶのも良い選択かもしれませんね。

  • スーツの袖ボタンにまつわる、それっぽい伝説 はコメントを受け付けていません。
  • スタッフブログ

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る