ハンガーひとつで取れるスーツのシワ

以前、書いたこともありますが、スーツを含めて衣類がシワになってしまう要素は、「熱」「湿気」「圧力」です。これからの季節では気温や湿度も上がり、汗もかきやすくなるのでスーツやスラックスにもシワが付きやすい季節になります。スーツやスラックスにシワが入っていると、くたびれた感じが出てしまって格好良くありません。

シワをとる

まずジャケットのシワを防ぐには、できれば車に乗るときはジャケットを脱ぐことが効果的です。また家に帰ったら肩の厚みのあるハンガーを使うと効果的です。写真のようなハンガーですが、これは意外に買うと高いようです。メンズ倉庫をはじめ、ほとんどの紳士服を扱う店舗ではこのような厚みのあるハンガーを使っていますが、ホームセンターではなぜかあまり見かけません。もしお手元にない場合には、スタッフにおっしゃっていただければ、使わなくなったハンガーを無料で差し上げています。これを使い、できれば連日の着用は避けて1~2日程度休ませながら着まわすと、よりパリッとした状態でジャケットを着ることができます。

パンツのシワは、主にひざの裏部分に多くつきます。このシワに効果的な方法は、クリップ付きのハンガーを使ってパンツを逆さに吊るす方法です。こうするとパンツ本体の重さによって、ハンガーに吊るしている間にかなりの皺が取れます。できれば1日休ませてあげて、もし時間的余裕があればアイロンやパンツプレッサーでプレスし、折り目をきっちりつけるとより完璧です。

関連記事

  1. 知っておきたい、スーツのフロントカットの種類

  2. ぴったりフィットのオーダースーツ

  3. 春のコーディネートに潜むワナ

  4. 成人式用スーツは、秋の気配

  5. オーダースーツの縫製工場を見学してきました!

  6. スーツのイメージはボタンで決まる!MOPという言葉の謎に迫る…

PAGE TOP