ブログ

オシャレなスーツにある、謎の糸

広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の細田です。こんにちわ。

スーツをオシャレに着こなす為には、もちろんスーツ自体がオシャレじゃないといけません。

お客様と話していてよく聞かれるのは、

「どのスーツがオシャレなの?」

シンプルなご質問ですが、結構多いご質問です。

これは本当にお答えするのが難しいです。

僕の好みもありますし、お客様の好みもある。当然そのときの流行もありますが、季節感とかデザインとかいろいろな要素が組み合わさるので、本当に一概には言えません。

このあたりは、またまとめてブログよりも、コンテンツとして書いてみたいと思います。

安くオシャレなスーツを追求するメンズ倉庫では、あえて様々なメーカーから趣の違うスーツをたくさん入荷しています。

一つのメーカーに絞らないのは、商品の画一化をしないためです。

スーツを作っているメーカーはたくさんあるのですが、それぞれのメーカーによって個性が違います。スリムで都会っぽいデザインを多く作り、得意としているメーカーもあれば、オーセンティックでかっちりしたデザインを得意とするメーカーなど様々です。

それぞれにそれぞれの良さがあり、お客様のお好みも多岐にわたります。ですからメンズ倉庫では一つのメーカーに絞らず、もともと卸売り業だったという利点を生かし、様々なメーカーから趣の違うスーツをたくさん取り揃えています。
で、ここからはちょっと柔らかいお話です。

スーツを並べていると肩のところにこういう糸が付いているスーツがあります。


「この糸、何?」

という質問も結構多くお受けします。

ふと気になって、売り場を見てみると、いつも気に留めないのですが、あったりなかったり色々あります。

多いところでは3,4つ並んでおります(笑)


さてこの糸、何かお答えしましょう。
じゃーん!

引っ張ってすいませんでした。

この糸は何でもありません。

繰り返します。
何でもありません(笑)

いえ、名前は「しつけ糸」と呼んだりするんですが、着用時にはもちろん取って着用するので、意味は全くありません。既製品メーカーの中にはこの糸をちゃんと付けるところもあれば、特に付けていないメーカーもあります。

強いて意味を上げるとすれば、

「売り場で陳列した時に、肩線がはっきり見えて並ぶときれい♪」

ぐらいです。

本来は高級オーダースーツなどを手仕上げで組んでいく際に、必要なものなのです。メンズ倉庫でも仮縫い付きのオーダースーツをご注文頂いた際には、このようなしつけ糸がこの10倍くらい様々な種類でついた状態で一旦仕上がり、ご試着いただいたあとサイズ補正をかけたりします。

このような背景のある「しつけ糸」なので、やっぱりあるとオシャレに見えます。

メンズ倉庫ではたくさんのメーカーからいろいろなスーツが乳化し、並んでいるためついつい目印の目立つスーツを手に取ってしまいます。

ですが、このしつけ糸は必ず外して着用します。スーツを選ぶ際に、この糸がついているとなんとなくおしゃれに見えるから・・という理由で選んでしまいそうですが、ご注意くださいね。

このしつけ糸はあくまで外すという前提で、お選びくださいね。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る