ブログ

スーツって面白くない!?

広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の細田です。こんにちわ。

スーツって面白くないです。

デザイン似たり寄ったりだし、黒っぽい色多いし、基本デザインなんか100年以上同じだし・・・

 

でも

 

だからこそ、その中で少し遊びが加わるだけでぐっとオシャレに見えますし、ほんの少しディティールにこだわるだけで、他の人とはずいぶん違った印象を与えることができる。

これがスーツなんです。

このあたりにハマってくると、スーツが面白くて面白くてしょうがなくなってきます。

スタッフもシーズンに入る前にスーツを作ったりすることは多いのですが、

「今回はどんな生地にしようか」

「今回はこのステッチをこの色にしてみよう」

とか言いながら、一人がスーツを作るとなったら、他のスタッフが寄ってたかってあーだこーだ言いながら思いっきり横から口をはさんでいきます。楽しいからしょうがないんですね。

今回もスタッフの新しいスーツが仕上がってきてはいるのですが、その紹介はまた別の日に書くとして、昨日のブログで書きながら少しきになった、「スーツのオシャレ」についてもうちょっと補足的に書いてみたいと思います。

スーツの印象を大きく左右するもののひとつに「ボタン」があります。通常は生地のイメージを大きく損ねないように、同じ色のボタンを持ってきていることが多いです。

一般的な既製品のスーツはほとんどがそうです。

でも、オーダースーツとなると状況が全く変わってきます。

自分好みのボタンを選んでつけることができるので、例えば紺系のスーツに渋い茶色のボタンをあしらったりとか、自由にできます。

こんな感じです。

その中のひとつ「ナットボタン」の紹介です。

ナットボタンというのは「タグワ椰子」とか「象牙椰子」と呼ばれる固い椰子の実があるんですが、これをくり抜き、染色したものが「ナットボタン」です。

特徴としてはデザインが豊富で表情が出しやすいことです。

もちろん天然素材なので、プラスティック系のボタンに比べるとほんの少しだけ高価なんですが、でも高価といっても一個数十円~100円くらいなので、遊ぶ価値は十分にあります。

天然素材なので、一つ一つ柄や色が微妙に違ってきます。染める前は象牙と呼ばれる通りアイボリーなのですが、染めると模様が浮き出てくるためとても面白いボタンが多いです。

個人的にスーツのボタンはとても好きでこだわりまくってるいるので、他の種類も少しずつ紹介していきますね。それでは今日もスーツをお楽しみください。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る