夏前に見直したい、おしゃれに見えるクールビズシャツとは?

広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。こんにちわ。
ゴールデンウィークは少し荒れた天気の時もありましたが、おおむね晴れてお出かけ日和が続きましたね。気温の方も夏の暑さを感じるようになってきました。こうなるといよいよクールビズですね。
今年も当たり前のようにやってくる「クールビズ」


ふと思ったんですが、このクールビズってどういう意図で始まったのかを皆さん知ってるんでしょうか?数年前から始まり、今ではなんの疑問もなく、夏になるとクールビズスタートとニュースで言われ、言われるがままネクタイを外してお仕事をしますよね。クールビズが始まった当初は
「なぜクールビズにするのか?」「何がクールビズなのか?」
を、しっかり伝えていたのに、今ではそんな情報はあまり伝えられていません。ですので、そもそものクールビズの意味を知らない人も多いはずです。新社会人の方なんかは特にそうですよね。なので、今更ではありますが、クールビズとは何なのか?を今日のブログのテーマとして語っていきたいと思います。

 

クールビズが日本で誕生したのは2005年です。夏場の冷房使用による電気の使いすぎや、二酸化炭素の排出が問題となっていた時に、環境省が節電の目的で、クーラーの温度を高めに設定できるように、ジャケットやネクタイの着用をやめるなどの服装の改革をしようという形でスタートしたのがクールビズです。当初は6月1日~9月30日までの期間だったんですが、東日本大震災の影響で電力不足が懸念された2012年は5月1日からスタートになりました。今ではその流れを引き継いでる企業が多く、当初の6月スタートではなく、5月スタートの会社が多くなっていますね。終了月は9月末のところが多いですが、長いところだと10月末までという会社もあります。どちらにしてもおおよそ半年間がクールビズ期間なんですね。

 

クールビズの名前の由来は、「涼しい」「格好いい」という意味のクール(cool)と、仕事や職業の意味を表すビジネス(business)の短縮形ビズ(BIZ)を併せたものです。個人的な意見ですがクールビズにおいては、クールのほうに含まれる「格好いい」という意味がとても大事なポイントであると思います。ただ「涼しい」だけではあまり意味がないと思います。格好良さがあっての涼しさが重要です!ではその格好良さを出すためにはどんなシャツを選べばいいのか?そちらについてもふれていきたいと思います。

 

クールビズ用のシャツを選ぶ際に一番大事なのは「」です。クールビズでは基本的には一番上のボタンを開けてシャツを着用するので、ボタンを外した際の襟の開き方がとっても大事なんです。ビジネス用のシャツは襟の形が様々あります。その中でもクールビズに向くものと、そうでないものとがわかれます。襟の形を全種類あげていくときりがないので、今回は基本的なタイプのものだけ紹介していきます!
まずはこちらのレギュラーカラーシャツです。


レギュラーという呼び名のとおり、最も一般的な襟形で、襟の開きの角度が70度~90度くらいのものです。襟の開きが狭いのでドレッシーな印象を与えるシャツです。礼服の下に着るときなどフォーマルなシーンではこちらのシャツが必須です。ですがクールビズのシーンではこちらのシャツはNGです。一番上のボタンを外した時の襟の開き方がキレイには見えないので、こちらのシャツでクールビズを行うと、「ただ暑いからネクタイを外した・・・」と思われることもあるかもしれません。そうなるとクールビズの定義である、格好いいからは外れてしまいます。クールビズの時期にはこちらのシャツは控えるようにしましょう。

 

続いてこちらのボタンダウンシャツです。

カジュアルのシャツでもよく見る襟形ですね。襟先にボタンホールを開け身頃につけたボタンで留める襟形です。もともとは英国のポロ競技の選手が考えたと言われていて、アメリカで商品化されました。レギュラーカラーのシャツに比べてスポーティーな印象を与えます。特徴としては、一番上のボタンを外した際でも襟がボタンで固定されているので、開き方がキレイで、すっきりとした印象を与えることができます。クールビズのスタートはこちらの襟形から始まったと言っても過言ではないシャツです。10数年たった今でもクールビズ用のシャツの定番と言えばこちらのボタンダウンシャツです。
最後にこちらのホリゾンタルカラーシャツです。

水平」を意味するホリゾンタル。ホリゾンタルカラーとは襟の開きが水平に近いくらい広いという意味でついた名前です。カッタウェイシャツとも呼ばれています。レギュラーカラーと比べると襟の広さはまったく違いますよね。こちらのシャツはどちらかというとイタリアで人気のシャツですが、最近日本でも注目されだして、テレビ等、多くのシーンでこちらのシャツを目にする機会が増えました。こちらのシャツはボタンダウンと違って襟にボタンが付いてないんですが、実はクールビズにも向くんです!襟の広さによって、一番上のボタンを外した際にレギュラーカラーとは違う、ゆるやかで綺麗なカーブを描くことができるので、すっきりとおしゃれな印象を与えることが出来るんです。定番化してしまったボタンダウンシャツに変わり、注目されだしているシャツです。
襟の形はまだまだ様々ありますので、その中でご紹介してない中にクールビズ向き、不向きのシャツはありますが、例を挙げだすときりがないので、今回は代表的な襟の形によるクールビズ向けシャツをお伝えして終わりにします。もうクールビズは、ばっちり任せといて!という方は、どんどん新たなスタイルを開拓していってみてください。まだまだクールビズの事がわからない・・・という方は、ぜひこちらの記事を参考にシャツを選んでみてください。ホリゾンタルカラーもおすすめですが、よくわからなかったらボタンダウンを選んでおけば間違いはないと思います。とにかくレギュラーカラーのシャツだけは避けるようにしましょう。

 

迷ったらボタンダウン!」を心の隅っこに置いておいてくださいね!

関連記事

  1. スーツ・礼服・オーダースーツの秋冬素材が続々入荷中!

  2. オーダー用スーツ・ジャケット素材、続々入荷中です!

  3. ぴったりフィットのオーダースーツ

  4. スタッフ着用新しいスーツは、超幅広エリでしかもベリードカラー…

  5. メンズ倉庫の礼服やスーツはなぜ人気なのかを書こうとしたら長く…

  6. 目指せ!マスター・オブ・すそ上げ!

PAGE TOP