ブログ

シャツの襟は、ジャケットの襟と沿うバランスで・・。

シャツの襟は、ジャケットの襟と沿うバランスで・・。

皆さんはスーツを着る時、こだわりを持ってシャツとジャケットを選んでいますか?

今回は、シャツとジャケットを選ぶ際のポイントについて解説していきます。

まず、日頃仕事の際に着ているシャツと休日用のシャツを区別して「ワイシャツ」と呼ぶ事があると思います。しかし、この様な呼び方をするのは日本だけだという事を知っていますか?実は明治期に“ホワイトシャツ”の発音が訛って定着したと言われている「ワイシャツ」ですが、日本以外では「ドレスシャツ」として広く知られているのです。

さて、仕事用のシャツですが、スーツを羽織った際の襟の見え方が最重要項目となります。シャツの襟の外側のラインと、スーツの襟の内側のラインがぴったり沿い合っている事が大切なポイントとなってくるのです。スーツに対し、シャツが適切なものかどうかを見極める目が重要です。

どんなタイプのシャツが存在するのか。ここで軽くご紹介します。

 

1、レギュラーカラー・・・最も一般的な襟型。

2、ボタンダウンカラー・・・襟先にボタンホールを開け、身頃につけたボタンで留める襟型。

3、ラウンドカラー・・・襟先が丸い襟型の事。日本ではあまり普及していない。

4、クレリックカラー・・・襟と袖口の生地が身頃と袖の生地を異なるシャツの事。

5、セミワイドスプレッドカラー・・・襟の開きの角度が90~100度程度のシャツ。

6、ピンホールカラー・・・襟に開けた穴に専用の棒を通して着用するタイプのもの。

 

といった、様々な種類のシャツが存在しますが詳しくはまた別の機会にご紹介します。皆さんも、シャツとジャケットの組み合わせまでこだわったスーツの着こなしを目指してみませんか!?

  • シャツの襟は、ジャケットの襟と沿うバランスで・・。 はコメントを受け付けていません。
  • スタッフブログ

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る