ブログ

スーツとの相性を考えよう、ビジネスシーンに合った靴の選び方

スーツとの相性を考えよう、ビジネスシーンに合った靴の選び方

皆さんこんにちは。
今回は、スーツと同様に印象を左右する靴についてご紹介します。皆さんはビジネスシーンで使用する靴は何足お持ちですか?1足しか持っていないという方が多いのではないでしょうか。しかし、靴は毎日同じものを履いてしまうと長持ちしません。2日続けて同じ靴を履かないのが長持ちさせる鉄則です。

無理にとは言いませんが、出来るのであれば少なくとも3足を履きまわす様に出来れば理想的です。勿論、その間の靴のお手入れも忘れずに!ここで代表的な靴の種類についてご紹介します。

1、モンクストラップ
モンク(修道士)が履いていた靴を原型としたデザインです。ストラップが1つのものや2つの物など、様々なタイプが存在します。
実際にストラップを外して靴を履くという事は無く、スリップオンとして脱ぎ履きが簡単に出来る仕様となっています。

2、ウイングチップ
つま先にW字形で切り替えが入ったタイプ。多くは穴飾りが施されています。
元々は、通気や水切りの為であるとされています。
起毛感のあるフランネルの様な生地のスーツとの相性が良いとされています。

3、プレーントウ
つま先(トウ)に飾りがないシンプルなデザインのもの。
ドレスシューズの基本となるので、最も応用が利く靴とされています。
最近は、トウが尖ったタイプも流通していますが、ラウンドトウが基本です。
シンプルがゆえに、フォルムが見極め所になるでしょう。

4、ストレートチップ
つま先に横一筋の切り替えが入ったデザインのもの。
「キャップトウ」とも呼ばれ、中にはつま先に飾り穴が入ったタイプもあります。
ヒモありの短靴の中で最もフォーマル感が高く、靴のワードロープには欠かせない。
これらが代表的な靴の種類になります。
これらの中から、自分が今着ているスーツに合うものは何なのかを考えながら。
かつ、何日も同じ靴を履かないように靴を選ぶことによって、よりスーツを着る楽しさが大きくなっていくのではないでしょうか。

他にも、靴の手入れの方法や紐の結び方など、様々な情報がありますが、それはまた別の機会に・・。

  • スーツとの相性を考えよう、ビジネスシーンに合った靴の選び方 はコメントを受け付けていません。
  • スタッフブログ

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る