おすすめ就活スーツ

就活に向けたスーツ選びと面接対策
メンズ倉庫で自分に合った就活スーツを探そう!!

就活とスーツの熱い関係

いよいよ始まる来年の就活準備に向けて、どの様に就活を進めていけばいいのか、ポイントを解説していきます。

2017年(2018年卒)の就活は、企業側の選考開始時期はほぼ例年通りのようですが、大手企業は少し早めに採用活動をしているという傾向にあります。経団連の解禁時期を必ずしも厳守している企業ばかりではないので、少し早めの活動を心掛けるとよいかもしれません。そこで、今回は就活を進める上でどんなスーツやその他アイテムを揃えればいいのかをご紹介していきます。

スーツの着こなし

 

流行に合わせたスーツを

スーツのシルエットや前のボタンの数は流行によって変わります。
2017年現在ではスリムタイプのスーツに2つボタンというのが主流です。2つボタンというのはジャケットの前合わせのボタンの数のことです。極端な流行に左右されなくても大丈夫ですが、「スリムタイプ」と「2つボタン」という最低限の流行は抑えておいた方が良いでしょう。ダボダボのパンツや3つボタンなど流行から外れたデザインは、面接官に対し悪い印象を与える場合があります。

スーツの色と柄を決めよう

就活スーツの基本の色としてよく挙げられるのは、ブラック、ダークネイビー、ダークグレーの3種類です。その中で、最近はブラックのスーツが特に人気で就活スーツの主流となってきています。

次に柄についてです。社会人であればストライプを始めとした柄付きのスーツで問題ありませんが、就活スーツとして適切なのは、やはり無地のスーツです。面接官の中には、ストライプ柄などのスーツを着ている学生を見ると「生意気だ」と感じる人もいます。特に濃いストライプや太いストライプは避けましょう。

ジャケットのボタンの留め方を学ぼう

スーツの種類を覚えたら次はボタンの留め方です。2つボタンの場合は一番上のボタンを。3つボタンの場合は上段と中段のボタンを留めます。互いに、一番下のボタンは開けておくのが正しいボタンの留め方になります。

近年の就活では2つボタンのスーツが主流となってきているので、とりあえずは2つボタンスーツのボタンの留め方だけ覚えておけば大丈夫です。

また面接時には、起立・着席する場合が多く発生します。実際のビジネスシーンでは起立時にはジャケットのボタンを留め、着席時にはボタンを外すのが正しいマナーですが、面接時には面接官によっては、悪い印象を与えてしまう可能性もあるので着席時にもボタンを留めたままで問題ありません。

体に合ったスーツ・シャツ選び

着ているスーツやシャツが体に合っているかどうかは、相手の印象を左右するとても重要なポイントになります。例えば、ジャケットの袖からシャツが見えていないと、体に対してスーツが大きすぎだらしなく見えてしまいます。腕をまっすぐ下に下した状態で、ジャケットの袖口から0.5~1cm位、襟から1.5~2cm程度シャツが出ている状態が理想的です。

また、よくポケットに携帯や財布などを入れている人がいます。面接の際にポケットに重いものを入れてしまうと、ジャケットがだぼついたり、部分的に膨れて見え全体的にだらしなく見えてしまいます。基本的にポケットに物は極力少なくしましょう。

靴とベルト色は揃えよう

靴とベルトはどんな物でもよいというわけではありません。黒色の靴を履いた上に茶色のベルトを付けている方がいますが、これだと全体のバランスを見た時にとてもバランスが悪く見えてしまいます。靴とベルトの色をまとめる事で統一感が出て、面接官に印象付ける事が出来るのです。

面接の場面では黒の靴を合わせることが圧倒的に多いので、「黒の革靴」「黒のベルト」でコーディネートすることが無難です。

その他アイテム準備

その他の就活アイテムの準備

ネクタイの色や柄について

ネクタイには様々な色や柄が存在します。それぞれの色や柄で面接官に与える印象が決まる大切なパーツの一つです。就活でよく使われるネクタイの色や柄を学び、自分の就活でも活用していきましょう。

柄について

Ⅰ、レジメンタル
右下から左上に斜めのストライプ柄が向かう柄の事です。着用者の強い印象を与えることからネクタイの定番柄として人気です。

Ⅱ、リバース
レジメンタルとは逆に左下から右上にストライプ柄が向かう柄です。

Ⅲ、小紋、クレスト
和風・洋風の小さな柄が入ったネクタイです。小さい柄なら良いですが、あまり大きな柄の物は避ける様にしましょう。

色について

Ⅰ、青(紺)
知性、勤勉さ、真面目さを表します。青(紺)系レジメンタル柄のネクタイはシャープな印象になります。

Ⅱ、赤(エンジ)
やる気、情熱を表します。あまり派手すぎる赤だと就活には向きませんので、エンジ色位の赤系に留めておきましょう。

Ⅲ、黄色
明るさ、親近感を表します。「コミュニケーションカラー」とも呼ばれます。チェック柄と組み合わせる事で活動的で明るく元気な印象を与えることができます。

Ⅳ、グレー
穏やかな印象を与えます。小紋柄との組み合わせがベストです。

就活時に便利なバッグ選び

就活時に使うアイテムとしてバックも忘れてはいけません。企業説明会や研修会など様々な資料を持ち歩く際に、就活に合っていないバックでは他のライバルに負けてしまいます。ここでは、どの様なバックを選べばいいのか、ポイントを解説します。

Ⅰ、最近の主流になっているナイロンと革を使ったバックを選びましょう。
全体的にはナイロン素材が使われ、バックのふちや擦れ易い部分には革素材が使われているタイプです。軽くて丈夫なのは勿論のこと、靴やベルトなどとの相性も良い優れものです。

Ⅱ、自立型ブリーフケースを選ぼう。
就活用のバックは自立型の物を選びましょう。会社説明会や面接時には、椅子の横にバックを置く場面が多々あります。その際に、スッと立てかけられればスマートに見えますし、コートが必要な時期であればバックの上にコートを置いておく事も出来て便利です。

Ⅲ、A4書類がらくらく入る大きさのものを選ぼう。
就活時には、書類の出し入れが頻繁に発生しますし、書類の量も多くなる事がよくあります。そんな時に小さいバックを持っていると、書類が入らなかったり、折れ曲がってしまうなど様々な問題が発生してしまうのです。そうならない為にも余裕のあり厚みや大きさのあるバックを選びましょう。

また、マチの有無やファスナーの形も重要です。折り畳み傘やペットボトルなどを入れる為にもマチが有るバックがお勧めです。
さらにマチの下までファスナーを下せるタイプのバックですと、開口部を大きく開く事が出来ますので楽に開閉出来ます。

まとめ

以上、就活シーンでのスーツの着こなしが少しイメージしていただけましたでしょうか?

メンズ倉庫では、今回解説したポイントに合ったスーツやネクタイ・バックなど、様々な種類を豊富に取り揃えております。

面接ではその人の中身が重要視されますが、第一印象は中身と同じくらい大切です。着こなしについて分からないことがございましたらメンズ倉庫までお越しいただき専門スタッフにお気軽にお尋ねください。あなたに合ったスーツを探すお手伝いをさせていただきます。

皆様のご来店をお待ちしております。

⇒ メンズ倉庫ってどんなお店?

お問い合わせ:082-872-554 ラインでお問い合わせ メンズ倉庫 CM情報 Instagram メンズ倉庫 Facebook Twitter 「UNI TONE」メンズ倉庫の制服・ユニフォーム事業 LINE@はじめました

営業日カレンダー

フェイスブック

Twitter

お客様の声

お客様の声
ページ上部へ戻る