春のコーディネートに潜むワナ

 

3月~4月にかけてスーツのコーディネートも春用になってきます。
暖かくなってくると、何となく春らしいシャツやネクタイを選んだりして春のコーディネートをしてみたくなったりします。

しかし、季節の変わり目のコーディネートには罠が潜んでいます。まず最初に、いくらシャツやネクタイを春らしい色に変えたところで肝心のスーツが冬物では元も子もありません。特に起毛しているスーツに春用のシャツやネクタイのコーディネートは非常にチグハグな印象を与えてしまいます。

まだ肌寒い日もあるのでスーツを春夏物に衣替えは早い気もしますが、オシャレと季節感に敏感な方は3月くらいにはすでにスーツまで衣替えしてます。もし春のコーディネートにする場合には、フラノのような起毛したスーツは避けた方が無難です。

次に、新しく買い足す時にも罠が潜んでいます。春らしいシャツやネクタイが欲しいと思って買いに行くと、色や柄に目が行きがちです。

普段はゆったりとしたサイズ感でスーツを来ているのに、襟の小ぶりな若者向けのシャツを選んでしまうこともあります。そんな襟の小ぶりなシャツなのにネクタイは太めの物を結ぼうとしたら結び目が納まりませんしバランスが悪くなります。

一般的には「スーツの襟幅」「シャツの襟の大きさ」「ネクタイの幅」は同調させ、細いものなら細いもの、太いものなら太いもので合わせる場合が多いです。春に向けて、新しいシャツやネクタイ、スーツを新調しようとお考えの方はぜひご参考にしてみてください。

関連記事

  1. 知っておきたい、スーツのフロントカットの種類

  2. 意地でも上下スーツ姿で夏を越えるための絶対条件

  3. これで夏も大丈夫!驚きの体感温度マイナス10度の生地とは?

  4. 覚えておきたい、上着の背中の切れ込み「ベント」の種類と特徴

  5. 【保存版】スーツ屋がおすすめする基本の着こなし術

  6. シーンに似合ったジャケットの裾の種類を考える

PAGE TOP