これで夏も大丈夫!驚きの体感温度マイナス10度の生地とは?

広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。こんにちわ。
本日は数あるオーダースーツ用生地の中からおススメの生地を一つご紹介させていただきます!
今回ご紹介するのは、イタリアを代表する名門服地メーカーの一つ、【REDA】です。


1865年、イタリア北部のウール産地・ビエラ地区にウール工場を設立したのがレダの始まりです。約150年の歴史を持つレダは、羊毛の段階から生地の完成まですべての工程を直接管理しています。生産工程の徹底的な管理、完璧な糸を求め続ける探求心で、品質を常にトップに保ち続けています。

 

デザインは、定番はもとより時にはファンシーなものまで、毎シーズン2500種以上送り出しているので、お探しの柄もきっと見つかると思います。そして何よりレダの人気の秘訣は、圧倒的な「コストパフォーマンス」です。高品質でありながら、価格は他のイタリア系生地メーカーよりリーズナブルになっており、オーダースーツを初めて作る方にも安心の品質と価格になっています。

 

ジョルジオ・アルマーニ、ラルフ・ローレンなど、名だたるラグジュアリーブランドでレダの生地が使用されているので、品質として世界に認められていると言えます。
そんなレダの春夏生地の中でも特におススメなのがこちらの【ICESENSE】という生地です。

アイスセンスとは、レダ社による研究開発の成果で誕生した生地です。赤外線の吸収を抑え、反射を促進し服地内の温度上昇を防ぐ独自の加工をすることで、一般のウールに比べて8度低い表面温度をキープできるという生地なんです。体感温度はマイナス10度まで下がると言われてます!夏にスーツを着るのは、なかなかの苦行である日本の気候のなかで、マイナス10度という響きは、とても興味をそそられますよね♪毎年暑い中でスーツを着られて苦しい思いをしてる方、ぜひこちらのアイスセンスの生地をお試しになってください!!

関連記事

  1. そのクールビズ、だらしなくなってませんか?

  2. ジャケットのいちばん下のボタンは留めません

  3. 意地でも上下スーツ姿で夏を越えるための絶対条件

  4. スーツの選び方や手入れ方法について

  5. メンズ倉庫がインドアビューに対応しました

  6. この季節に、礼服を買うべき3つの理由

PAGE TOP