意地でも上下スーツ姿で夏を越えるための絶対条件

まだ梅雨にも入っていないのに夏の話をするのは気が引けますが、避けては通れないのが四季のある日本の特徴です。

暑い夏を快適に過ごすには色々な工夫がありますが、今回のブログでは、ビジネスシーンに絞って書いてみたいと思います。

ウールは暑い?

スーツに使われる素材の多くはウールを用いています。ウールとは主に羊の毛を指します。
ウールと聞くと暖かいイメージが強く、スーツ以外にも例えばマフラーとかコートとかどちらかというと寒い季節に体温を暖かく保つために使われる素材のイメージです。

もちろん温める目的としてウールはとても優れた素材です。スーツやコートをはじめ様々な場面で用いられますが、例えば登山者のインナーとして使われることもあります。

しかし、繰り返しますが、ウールは羊の毛です。羊は寒い冬でも暑い夏でもこの素材ひとつで寒暖を乗り越えています。つまりこの繊維自体は体温調節機能としてとても優れた機能を持っているのです。

テレビCMなどで人間の髪の毛を顕微鏡で拡大して、枝毛の様子とかを映している映像をたまに見ますが、ウールもまさにあれに近い構造をしています。

スケールと呼ばれるうろこ状のものが幾重にも重なる構造をしており、これが暑いときと寒いとき、湿気のあるときと湿気のないときで、開いたり閉じたりしながら体温調整機能ををはたすのです。

さらに言うと、ウールは湿気の渇きが早いのも大きな特徴です。

登山者のインナーに使われるように、極寒の場所で汗をかいたままの状態でいることはとても危険です。ちなみにそういう意味で登山時に一番使ってはいけないインナーは綿です。綿は水分の吸収は早いのですが、発散がとても遅く、肌に張り付きどんどん体温を奪っていきます。

最近ではポリエステルでも優れた素材が出てきてはいるのですが、ウールの持つ能力には目を見あるものがあります。

湿気を帯びた時には、先ほどご説明したうろこ状のスケールと呼ばれる部分が開き湿気をどんどん発散していきます。

これにより暑い夏でもスーツの内側はサラリと快適に過ごすことができるのです。

サマーウールの特徴

スーツの主な素材であるウールの構造が、寒いときでも暑いときでも調節が得意な理由は書きましたが、もちろんそれだけでサマーウールが出来上がるわけではありません。

そこにはスーツスタイルをいかに快適に過ごせるかという生地メーカーの情熱と研究の成果が活かされています。

生地の厚みを表すときに「目付(めつけ)」と呼ばれる数字で表すことがあります。

この目付というのは生地の重さの事なのですが、だいたい1m四方の生地の重さが何グラムかによって生地の暑さを表現します。

概ね冬用の生地ですと250グラムから厚手のもので380グラムくらい。夏用の軽い素材で190グラムから250グラムくらいです。

当然グラム数が軽い方が厚みが少ないので、着た時に空気をよく通すので涼しく感じます。

薄さへの工夫

もちろんただ薄くすれば良いというものではありません。

生地の厚みは、耐久性とも直結する部分なので、何も考えずに薄い生地を作ってしまってはとても耐久性の弱いスーツになってしまいます。ここもスーツメーカーやスーツの生地メーカーがしのぎを削る部分です。

生地の元になる「糸」。この糸は1本の糸のように見えても、ほとんどの場合1方向に撚った2本の糸を1本に撚り合わせています。

この撚り合わせる工程を、密にすることを強撚といいます。

極薄の生地を作るには糸自体を細くしないといけませんが、細くするだけだと耐久性が落ちてしまいます。それを補うため、細い糸でも強く撚りをかけることで、強い繊維が生まれ生地になったときにも強い素材となるのです。

夏用の極薄生地は、この「強撚、極細繊維」が使われていることがありスーツの耐久性を上げる工夫がなされています。

スーツを型崩れなく着るのに最適な素材

夏は暑いだけではなく湿気もあります。湿度と温度は、スーツの大敵シワの最大の原因でもあります。

スーツの素材によってシワのなりにくさというのは違います。

例えば一般的なスーツに一番多く使われる素材はウールです。

ウールはシワになることもありますが、復元力が高いことで知られています。もちろん品質によって回復のしやすさなどは大きく違いますが、多少のシワならハンガーにかけて1~2日程度そのままにしておくだけで綺麗にシワが取れてしまうこともあります。

スーツは1日着たら1~2日休ませた方がいいと言われるのはこのためです。

夏だけに限ったわけではありませんが、ウールとポリエステルの混紡素材があります。ウール80%、ポリエステル20%とかというふうに、2種類以上の素材表示がされているのがそれです。

イタリアやイギリスの伝統的な生地メーカーではポリエステル混の素材をほとんど作りませんが、世界の流通量的にはポリエステル混紡も多いです。ポリエステルのメリットのひとつにシワになりにくいというのがあります。

このポリエステル素材をうまく使うことで、ウール本来の持つ素材感を活かしながら、かつシワになりにくく普段使いで快適な素材を作る場合もあります。

シワこそ正義!カジュアルに着崩す

シワを避けたい一方で、そのシワ感を楽しむという方法もあります。

夏に人気の麻素材や綿素材です。麻や綿は天然の植物性繊維です。軽い風合いと、肩ひじを張りすぎない着やすい素材で人気です。

この麻や綿は柔らかくとても着やすいのですが、どちらともウールに比べるとシワになりやすい傾向があります。夏に限ったわけではありませんが、カジュアルテイストを出そうとした場合、綿や麻は最適なそざいになります。

ウールがシワになりにくく復元力が高いのに比べて、麻や綿はシワを楽しむのに最適な素材と言えます。

構造を考える

スーツは表から見えるところ以外にもいろいろな副資材が使われています。肩パットをはじめ前身ごろの芯地や脇部分のあて布、パンツでいうと股の部分やウエストの裏地部分などなど、様々な箇所で色々な資材が役目を果たすことで1着のスーツが出来ています。

夏用のスーツの中にはこういったところまで薄く快適に作っている仕様のものもあります。

手が込んでいる分若干値段は高めにはなりますが、そこまで大きくは変わりません。

素材以外にも注目してみると、各メーカーが暑いを夏をいかに涼しく過ごしてもらおうと努力をしているかが見えてきます。

まとめ

スーツはウールの持つ天然の力を上手く生かした快適な衣類です。

砂漠で過ごすときにスーツは最高の衣類だ・・・という言われ方もあります。これはある漫画で出てきたネタなのでその真偽では定かではないですが、極薄の素材を使って仕立てたスーツの場合、こういうこともあるかもしれません。

いずれにせよ、夏をいかに涼しく過ごすかというテーマは温暖化の昨今にあってとても大切なテーマです。

日本の暑い夏をスーツ姿で越すには、気合で我慢すれば良いというわけではなく、生地や仕立て色々な工夫が必要です。そうすることで、実はそう我慢も必要なく快適にビシっと決まったスーツ姿で暑い夏でも涼やかないでたちで過ごすことができるのです。

今回お話した夏用スーツの工夫はそのまんまオーダースーツを仕立てる時にも活かすことができます。色々工夫をしていただきながら、ご自分にあった1着を探してみてくださいね。

関連記事

  1. ジャケットのいちばん下のボタンは留めません

  2. 自分用のスーツを作ってみます

  3. メンズ倉庫の礼服やスーツはなぜ人気なのかを書こうとしたら長く…

  4. TシャツとYシャツの気になる語源とは?

  5. 知っておきたい、スーツのフロントカットの種類

  6. 「実践編」これだけは覚えておきたいポケットチーフの3つの挿し…

PAGE TOP