無料オプションを上手に使ってオーダースーツをおしゃれに!

広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。こんにちわ。

いきなりですが、スーツをおしゃれにかっこ良く着る為には、自分の体にしっかり合っているということが大事です。スーツスタイルの中で一番大事な要素はサイジングです。既製品では細かなサイズのずれが起こることもあり、自分の体に合ったスーツを探すのは苦労します。その点、オーダースーツはサイズについて困ることはありません。スーツスタイルの中で重要な要素である、サイジングをばっちり決めるにはオーダースーツが一番です。

さらに、オーダースーツは無料・有料のオプションを使い、スーツを自由にカスタマイズできるというプラスαの魅力があります。オプションを上手に使っていくと、スーツスタイルが更におしゃれにかっこ良く変わっていきます。今回はそのプラスαについて、今シーズン自分で作ったスーツを例に挙げてお伝えしていこうと思います。

スーツで一番に目が行くところ

今回は定番のグレンチェック柄に、アクセントでピンクのラインが入った生地を選びました。さて、このスーツですが
「パッと見てどこに目がいきますか?」(今回はスーツの話なのでシャツ・ネクタイ以外で!)

変な質問形式にしてしまいましたが、ほとんどの人が一番に目がいくのは『生地』でしょうね。人のスーツスタイルを見たときにほぼ必ず目がいくのはどうやっても生地の色・柄です。スーツにおける生地は主役のような存在なのでそれは当たり前ですよね(笑)プラスαはよっぽどじゃない限り主役には勝てません。

どちらかというと主役を引き立てる脇役です。ですが脇役がしっかりすることで、さらに主役は輝くので、脇役もおろそかにはできません。縁の下の力持ちという言葉があります。人の目につかないところで他人の為に支える苦労や・・・、っと、なんか話がそれてきたので戻します(笑)今回のスーツで生地の次に目がいくのはきっと『ボタン』ですよね?そうですよね・・・?。というかボタン以外選択肢があまりないからきっとボタンだ!(笑)

ボタンがスーツの印象を左右する

さあ、無理やり答えが出ました!!(笑)今回の名脇役は、スーツの印象を左右する『ボタン』です!!(もしボタンホールの色糸!と思った方、お目が高いです!一歩先を行ってるオシャレさんです!ですが今回はボタンの話なので、糸についてはまた次の機会に・・・。すいません)

という訳でオーダースーツのボタン選びについて考えていきます。
ですが、オーダースーツのボタンを語る前に既製品のスーツのボタンについてふれていきます。既製品のスーツでは、ボタンは大抵の場合生地の色に一番近い色を合わせてあります。既製品のスーツのボタンの一般的な例からお話します。

既製品スーツのボタン例

ボタンはあくまで脇役、主張するよりも、全体としてのバランスを優先しています。

どんな好みのお客様が購入されるかわからない既製品においては、このやり方が正解だと思います。スーツのお好みはそれぞれですからね。たまに既製品でも変わったボタンが付いてあるスーツも入荷します。そのスーツを試着された際に、サイズ、柄はいいのにボタンのデザインが気に入らず他のスーツを選ばれる場合もあります。

それだけスーツに与えるボタンの影響は大きいと言えますね。

オーダースーツで選べるボタン

さて、いよいよ本題!オーダースーツのボタンです。当店でお選び頂けるボタンは、無料のボタンがこちら

有料(シングル上下で1,500円)のボタンがこちらです

有料になると、色も種類も豊富です。素材も本ナットや本水牛など天然素材のものになり雰囲気も最高におしゃれです。となれば素直にそちらを選べばいいんですが、今回は「無料のほうで出来るだけ変わった感じでおしゃれに!」を、誰に言われるでもなくテーマに挙げてたので無料のほうで探します。

先程書いたように既製品では、生地と同色だったり近い色のボタンを選びます。となると今回はグレー系のボタンか近い色で黒を選ぶと落ち着いた印象のスーツになります。そこを外して考えるなら茶系など生地と違う色を持ってくるんですが、無料のほうの茶系にピンとくるものがありません・・・。

自分のお店の商品のフォローをするわけではないんですが、良いのがないという訳ではなく、なんとなく面白さというか自分のスーツなんだから宣伝を兼ねて・・・、という新たな発見がありません・・・。さあ困りました。早くも無料での挑戦をあきらめそうになります(笑)

奥の手?女性用のスーツボタンを使ってみる

しかし、ここでふと他の無料ボタンの存在に気付きます!!
女性用のオーダースーツ用の無料ボタンあるじゃん!!
使う機会が男性用に比べ少ないので、少し存在を忘れてましたが女性用のオーダーボタンも、お店には存在します。急いでファイルを探しました。それがこちら。

男性用に比べ数は少ないんですが、男性用にはない色合いのボタンがいっぱい!そんな中でも特に目を引いたのがこのボタン!

少しアンティークっぽいデザインと、ボタンの周りのゴールドのふちが、とってもおしゃれに感じました。

速攻でこのボタンに決めました。どちらかというと優柔不断なはずなのに、この時の決断は早かったと思います。大げさに言うと運命の出会いですね(笑)さて、そんな訳で出来上がったのが今回のスーツです。ではもう一度その写真を!

ここまでしつこいくらいボタンをアピールしてきたので、最初写真を見たときより、ボタンに対する見方が変わったんじゃないですか?スーツスタイルを見たときに自然にボタンにも目がいくようになったんじゃないですか?(なんかすごい誘導してる気がします・・・笑)

でもいいんです。そうやって誘導してでも、ボタンに興味がいった方が、一人でも二人でも増えたのなら今回のブログは大成功です!!(一応おことわりしておきますが、別にボタン屋の手先でもスパイでもないですからね(笑)ただ単純に、ボタンにまでオシャレの意識を持っていてみて欲しかっただけなんです。)

まとめ

皆様が、今後実際にオーダースーツのボタンを選ぶときには、主役をサポートする「脇役」にも目を向けてみると面白い発見があるかもしれません。

今回はここまでですが、次回のブログでは、さらなる脇役についてもお話していきますのでお楽しみに!

※今回、紳士オーダースーツに女性用ボタンを使いましたが、これはスタッフだから特別に使えたわけではなく、皆さん選択できるものなので、使ってみたいという方は、お気軽にスタッフにお声かけください。

関連記事

  1. シーンに似合ったジャケットの裾の種類を考える

  2. これが大事!スリムタイプ・レギュラータイプスーツの裾上げの目…

  3. サマー礼服入荷しました!

  4. 覚えておくと必ず役に立つ、チーフの挿し方基本3パターン

  5. 30秒でできる。飲み会の後、スーツについた臭いを一発で消す方…

  6. オーダースーツの縫製工場を見学してきました!

PAGE TOP