クールビズの基本「ジャケパンスタイル」をマスターする

広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。こんにちわ。
梅雨が明けてから本当に暑いです・・・、外に立っているだけで何もしなくても汗がふきでてきます。これからまだこんな暑い日が続くと思うと心が折れそうになりますね・・・。夏が始まったばかりなのに早く秋が来てほしいと切に願う今日この頃です(笑)

さて、今日は夏場のビジネススタイルである「クールビズ」において、役に立つアイテムをご紹介していきます。今回ご紹介するのはこちらの商品・・・

一着持っていると重宝するジャケットです!!

クールビズのスタイルと言えば、「シャツ×スラックス」が基本ですが、外出時やお客様に合われるときなどに上着を着ないといけないときがあります。そういった時に、お持ちのスラックスと合わせてコーディネートできるジャケットがあると便利です。

ジャケパンスタイル」「ジャケスラスタイル」等と言われるものですが、ここ数年でそのスタイルをされる方がグッと増えてきています。そこで、そのスタイルをする際の基本的な合わせ、注意点等について簡単にふれていこうと思います。

ジャケパンスタイルで大事なのは色の濃淡

ジャケパンスタイルの基本は、「色の濃淡」です。これが一番大事なポイントです。上と下の組み合わせにパッと見てすぐわかるぐらいの、「濃い・薄い」の差を作りましょう。上が濃い色(黒や紺)なら下は薄い色(ライトグレーやベージュ)上が薄いなら下は濃くです。スーツは当然ながら上下同じ色になりますが、ジャケパンスタイルは上下違う色にすることが大事なので間違えないようにしましょう。

そこをふまえて考えていくとジャケットを選ぶのも簡単になっていくと思います。まずご自身がお持ちのスラックスの色や柄を思いだしてみてください。

普段はかれているスラックスが、黒や紺などの暗めの色が多い方はライトグレーやベージュなどの淡い色のジャケットをお選びいただくと、お持ちのスラックスに合いやすくなります。最初にジャケパンスタイルに挑戦するなら、ジャケットが濃い色、スラックスが薄い色の組み合わせがおすすめです!

 

素材選びもポイントです

スーツは基本的にウール素材が多いですが、ジャケットは素材の種類が多くなっています。スーツと同じようなウールもありますし、綿素材や、ポリエステル素材、夏の時期だと麻素材・・・、種類は沢山ありますし、それぞれ素材の特徴もあるので、どういったものを選ぶのか悩まれることもあると思います。

もしジャケットを買うのが初めてだという方は、最初は「ウール系」のジャケットをおすすめします。スーツでよく使われるウール素材なので、普段から着慣れていて着用時の違和感も感じにくいですし、見た目もカジュアル感が出過ぎないので、扱いやすいと思います。

 

柄も豊富にあります

スーツと比べ、ジャケットは色・柄も種類が豊富になります。ビジネスで使うことがほとんどのスーツ、ビジネスでもカジュアルでも使うことが多いジャケット、使う用途の幅が広いジャケットなので、柄も豊富にあります。素材同様、数ある種類の中からどれを選べばいいのだろうか?そんな悩みがあると思います。

ここで一番最初におすすめしたいのは「無地系」です。ジャケットはスラックスとの組み合わせで着用するものです。ストライプやチェック柄、スラックスにも柄がたくさんあり、洗い替えも考えて複数所持することの多いスラックスは柄が統一されていないと思います。そんな様々な柄物スラックスにすべて対応できるのが無地なんです。ですので紺無地やグレー無地を選んでおけば、下に合わせるスラックスは柄物でも、無地でもなんでも合わせることが出来ます!

 

まとめ

今回はジャケパンスタイルに基本について書いてきました。まず一着ジャケットをお持ちになるなら、
紺色か黒のウール系の素材のジャケット


こちらをお探しください。それに薄い色のスラックスを合わせる。これができればジャケパンスタイルの基本形は完成です。基本をしっかりマスターして、おしゃれでかっこいいビジネスマンになりましょう。

 

応用編


夏におすすめ爽やかコーディネートです。基本の「濃い色×薄い色」ではなく、「薄い色×薄い色」の組み合わせです。上下ともに爽やかさがでる色なので、暑い夏にはピッタリです。薄い色同士の組み合わせの中にも色の変化をしっかり付けるのがポイントです。このようにジャケパンスタイルは基本だけでなく、幅広い着こなしが可能なスタイルです。マスターすればほんとに着こなしの幅が広がって楽しくなります。まずは基本から、そして応用へと・・・、目指せジャケパンマスター!!

関連記事

  1. TシャツとYシャツの気になる語源とは?

  2. 知っておきたい、スーツのフロントカットの種類

  3. ジャケットのいちばん下のボタンは留めません

  4. 夏前に見直したい、おしゃれに見えるクールビズシャツとは?

  5. ネクタイの色と柄で相手に与える印象を学ぶ。

  6. デートで使えるスーツコーデ、鉄板の3パターン!

PAGE TOP