押さえておきたい、オーダースーツで人気のイタリア生地ブランド4選

広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。こんにちわ。

今日はオーダースーツをお作りいただく際に選ぶ生地の中で、特に人気の「イタリア生地」について書いていこうと思います。

オーダースーツの生地は主に「国産・インポート」

オーダースーツでよく使われる生地は主に、「国産」「インポート」にわかれます。国産はその名の通り日本国内で作られた記事です。インポートは海外製の生地です。世界各地に生地メーカーがありますが、特に有名なのはイタリア生地と、イギリス生地です。最近ではイギリス生地に注目が集まりだしてはいますが、やはりオーダースーツを作る時に人気なのはイタリア生地です。

イタリア生地の特徴

イタリア生地は、生地が柔らかく、艶があり、肌触りがとてもなめらかなので、軽い着心地のスーツが仕上がります。それに加え、柄のバリエーションが豊富なのも特徴です。国産生地、イギリス生地と見比べると違いがわかりやすいかもしれませんね。着心地の良さに加えて、柄での「遊び」も加えられるので、スーツをオシャレに着たい人にも、イタリア生地は人気となっています。

 

※左のイタリア生地はストライプ、チェックや明るめな色など、遊びの効いた柄が多くあります。右のイギリス生地は、全体的に落ち着いた定番的な柄が多めです。

 

では、そんなイタリア生地の中から、人気の生地メーカーをご紹介させていただきます。

Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)

世界的ファッションブランドとして有名なメーカーです。

日本国内にも数十店舗の展開があるのでご存知の方も多いのではないでしょうか。スーツを中心に、ジャケットやシャツ、ベルト、シューズ、バッグなどのレザー製品も手掛けているゼニアですが、もともとは生地メーカーとしてスタートしました。オーストラリアから最高級の天然繊維を買い付け、自社工場でウールを生産し、イタリア国内だけでなく世界に向けて販売し、当時生地産地で圧倒的に強大であったイギリス生地をしのいで、世界一へと昇り詰めました。

最高品質の生地メーカーとして地位を確立したゼニアは、アルマーニ、エルメス、ラルフローレン等、世界的に有名なブランドに生地を供給することで、生地メーカーとしての信頼性を高めています。ゼニアが時に生地作りでこだわるのが、生地の弾力性や耐久性を生み出すクリンプ(波状のちぢれ)です。

細い糸でも弾力性に富んだクリンプを含んだ糸を使用すると、柔らかさと適度なハリを出すことができます。こうして作られた生地は、上質さが一瞬でわかる上品なツヤとなめらかなさわり心地を携えています。心地よく着ることができ、上質なものを着ていることが、周りの方がみてもわかる、世界のビジネスマンに愛される理由がここにあります。オーダースーツをお作りになるなら、ぜひ一度は試していただきたい特別な生地ですね。

Vitale Barberis CANONICO(ヴィタルバルベリス・カノニコ

1936年、イタリア北部ビエラ地方で創業しました。原毛からの紡績、機織、染色までを自社工場で一貫で行っています。

生地の輸出先は世界40ヵ国以上あり、クラシカルで品質の高いカノニコの生地は、ヒューゴボス、バーバリー、アルマーニ等、世界のトップアパレルで使われています。日本国内でも、カノニコを使っているブランドは多数あります。生地の特徴は、軽くて、柔らかく、発色がよく、イタリア生地らしい光沢もあります。それでいて、自社一貫の強みを生かしてのコストパフォーマンスに優れているのが人気の一つです。

イタリア生地を使ってオーダースーツに挑戦したいという方に、最初に選ぶ生地としておすすめしたいブランドです。

REDA(レダ)

1865年、イタリア北部ビエラ地区にウール工場を設立。羊毛の段階から生地の完成まですべての工程を直接管理し、生産工程の徹底的管理、完璧な糸を求め続ける探求心を持ち続けることで、常に品質をトップに保ち続けています。

定番となるクラシカルなデザインから、流行の生地まで、毎シーズン2500種ものデザインを送り出します。カノニコ同様、コストパフォーマンスに強みがあるブランドです。生地の良さは実際に手に取ってみてみると、よりわかりやすいはずです。この肌触りの生地が、このお値段で作れる!という驚きをぜひ味わっていただきたいです。

Loro Piana(ロロ・ピアーナ)

1924年創立。最高級カシミヤと最高級ウールを取り扱う生地メーカーです。180年という長い歴史の中で培われた知識や技術を生かし、高いクオリティの製品を作り出します。現在では生地ブランドだけでなく、オリジナルのスーツやジャケットなどを展開するファッションブランドとしても有名になっています。

生地の特徴としては、イタリア生地らしい風合いと柔らかさがあります。また、生地の柄や質感がどこか大人の色気を感じさせるような雰囲気を纏っているのがロロピアーナの魅力の一つです。気品があり、あか抜けた印象で、大人のスーツスタイルを演出したい方におすすめの生地です。

まとめ

この他にも沢山の生地ブランドがございますが、すべてはご紹介できないので、今回は押さえておきたい4つの生地ブランドだけご紹介させていただきます。ひとえにイタリア生地といっても、それぞれに生地の特徴がわかれます。実際に生地を手に取ってみたり、ご着用頂いたりして、それぞれの生地の違いを感じ、ご自身にあった生地を見つけてみてください。

関連記事

  1. 小物の使い方でクールビズに差をつける

  2. もう一つの重要ポイント、鞄を学ぼう

  3. 知っておきたい、スーツのフロントカットの種類

  4. スーツの袖ボタンにまつわる、それっぽい伝説

  5. オシャレなスーツにある、謎の糸

  6. ハンガーひとつで取れるスーツのシワ

PAGE TOP