覚えておきたい、上着の背中の切れ込み「ベント」の種類と特徴

広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。こんにちわ。秋が進みスーツスタイルの方が増えてきました。クールビズの軽装もいいですが、やっぱり上着を着ている姿をみるとビシッとしていていいですね。多くの方が上着を着用する時期になってきましたので、上着にまつわるお話を一つ。

上着の背中にある切れ込みって何?

知っているようで知らない方もいるかと思います。上着の背中側の裾にある切れ目の事をベントと言います。大きく分けると三種類。
ノーベント」「センターベント」「サイドベンツ
それぞれ特徴がありますが、その説明の前に、なぜスーツにベントが生まれたのか?を先に書いていこうと思います。

ベントが生まれた理由

スーツ発祥の地であるイギリスでベントが生まれました。当時の兵隊が馬に乗る時に上着の裾が突っ張ったり、巻き込まれたりしないようにする為に、それまで割れてなかった背中の裾に切れ目を入れたのが始まりです。

ベントが生まれた理由を簡単に言うと「動きやすくする為」ということです。ちなみにその時のベントのスタイルはセンターベントでした。
そこから用途にあわせてサイドベンツが登場しました。現在におけるベントの役割は、動きやすさはもちろん、椅子に座った時にシワや突っ張りを抑え、スーツのシルエットを守る役割も大きいです。

近年スーツのスリム化が進んでからは、ベントはなくてはならないものになりました。では、続いてそれぞれのベントの特徴を書いていこうと思います。

センターベント

スーツスタイルにおいて最も多く見られる形です。背中の真ん中に一本切れ込みが入っています。ベントが生まれた理由にも書いたように、馬に乗りやすいように作られたので「馬乗り」という別名があります。

軽快でスポーティーな印象を与えるスタイルです。動きやすさを求めるために生まれたスタイルなので、動きやすさは高いです。アメリカ系のブランドに多く見られます。

サイドベンツ

両サイドに一本づつの切れ込みがあるスタイルです。こちらが生まれた理由は、騎士が腰にさげた剣を抜きやすくする為です。ですので「剣吊り」という別名があります。

センターベントよりも動きやすく、突っ張りも感じにくくなります。サイドベンツは威厳や風格を演出できるスタイルです。英国系ブランドに多く見られます。ちなみにサイドだけベントでなくベンツになるのは、切れ込みの数が複数になり複数形のSがつくので、ベントではなく「ベンツ」となります。ちょっとした豆知識としてお使いください(笑)

ノーベント

切れ込みがないスタイルです。最もクラシックなデザインとなります。エレガントでドレッシーな印象になります。

タキシードやフォーマルなスーツはこちらのノーベントが多いです。(略礼服は、最近の傾向であるスリム化の影響を受けているブランドも多いので、ベントを入れているものもあります。)切れ込みがない分、動きに制限がかかるので、最近のスリム系のスーツ等ではみられなくなっています。

どの形を選べばいいのか?

では、これらのベントの種類からどの形を選ぶのがいいのか?答えは、センターかサイドどちらかです。曖昧ですいません・・・。

というのも既製品のスーツは最初からスタイルが決まっています。メーカーやブランドによってセンターベント、サイドベンツを使い分けてるので、お客様がベントの種類を決めることはありません。それぞれのブランドがコンセプトをもってベントの種類を選んでいるので、そのスーツに合ったベントがしっかりついていると思って安心して選んで頂いて大丈夫です。

センターにしてもサイドにしても、動きやすいという点ではどちらもそんなに大差がないです。気を付けないといけないのは、ノーベントです。最近では見ることは少なくなりましたが、それでも中にはノーベントのスーツもあります。ベントのないスーツをゆったりと着るなら大丈夫ですが、タイトに着ようとしたときにベントがないのは動きがしにくくなるので注意してください。

オーダースーツの時はお客様が選ぶ

既製品のスーツではお客様がベントの種類を選択することはありませんが、オーダースーツではお客様がお好きなベントを選ぶようになります。

それぞれのベントの特徴を聞いて、お好みの種類を選ぶようにしましょう。ちなみに最近のおススメは、「サイドベンツ」です。後ろからのシルエットがかっこいいですし、脚長効果も期待できます。迷ったらぜひサイドベンツを選んでみて下さい。

 

最後に・・・

既製品のスーツは、型崩れ防止の為に写真のような「仕付け糸」がベントの部分についているものが多いです。

こちらの糸はあくまで型崩れ防止の糸です。お買い上げ頂き着用する際は外すものです。外しておかないとせっかくのベントの機能がいかされません。

スーツ姿の方をみると、こちらを外し忘れている方を結構みかけます。とはいえ見ず知らずの方にそれを指摘するのも勇気がいるのでなかなかできません(笑)顔見知りの方なら言えるかもしれないので、もしお知り合いの方等で取り忘れの方がいらしたら、周りにばれないようにそっと教えてあげてくださいね。

関連記事

  1. デートで使えるスーツコーデ、鉄板の3パターン!

  2. お悩み解決!オシャレな女性向けパターンオーダースーツの選び方…

  3. 小物の使い方でクールビズに差をつける

  4. コートよもやま話

  5. ネクタイの色と柄で相手に与える印象を学ぶ。

  6. オーダースーツの縫製工場を見学してきました!

PAGE TOP