シャツ&ネクタイのコーディネート、お悩み解決3つのポイント

こんにちわ。広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。3月に入り、日中になると春の陽気を感じることが多くなってきましたね。高校を卒業され大学等の入学式用のスーツを求められる方や、就職活動中の大学生の方、春から新社会人の方達のご来店が多くなってます。フレッシュマンの季節到来です!

普段あまりスーツを着ることが少ないフレッシュマンの方とお話していると、どんなスーツを着たらいいか?という質問も多いですが、それと同じくらいシャツやネクタイのコーディネートの仕方がわからない・・・という声を多く聞きます。そこで今回はシャツ&ネクタイの基本的なコーディネートをお伝えしていきますので、ぜひご参考にしてみてください。

コーディネートの説明の前に

スーツにシャツやネクタイをコーディネートする上で、一番大事なのは色の相性を考えることです。コーディネートの全体の色の統一感を出すことができれば、それだけでまとまりがうまれるので、「色を知る」というのは、とても大事なことなんです。その中でも特に覚えてほしいのは、「寒色系」と「暖色系」です。コーディネートの説明の前に、まずは寒色系と暖色系についてお伝えしていきます。

寒色系と暖色系とは?

寒色系・・・グレーやブルーなど見た目で冷たさを感じさせる色が寒色系です。クールな印象を与えることができます。

暖色系・・・赤やオレンジなど見た目で温かさを感じさせる色が暖色系です。柔らかい印象を与えることができます。

※ちなみに、緑や紫などは「中性色」と呼びます。

コーディネートの基本は同色系

寒色系と暖色系がわかったところで、いよいよコーディネートです。コーディネートを考える上で基本は「同系色で色をまとめる」ことです。シャツ、ネクタイの色のトーンを寒色系同士、暖色系同士でまとめれば、統一感がでて落ち着いた雰囲気を作ることができます。

寒色系×暖色系はダメ?

寒色系と暖色系は反対の色の組み合わせになるので、基本とは違いますが、組み合わせができないというわけではありません。むしろ組み合わせ次第で、同系色でまとめるよりもオシャレ感が増すようになります。基本のコーディネートばかりでは、新鮮さもなくなってしまうので、ぜひこの寒色系×暖色系の組み合わせをマスターして、コーディネートに変化をつけてみて下さい。

寒色系と暖色系をまとめるコツ

寒色系と暖色系の組み合わせをしようとして、深く考えずにネクタイを選ぶとチグハグした感じになることがあります。反対の色同士の組み合わせは、気を付けないとお互いの色が反発しあってマイナスの効果が生まれてしまいます。それが生まれないようにする一番のコツは、ネクタイの柄の中に「シャツの色を少し混ぜる」ことです。寒色系のシャツに暖色系のネクタイを合わせる時に、ネクタイの柄の中に、シャツの寒色系の色を入れたネクタイを選びます。こうすることでシャツとネクタイの繋がりが生まれ、色がなじみやすくなります。下の写真のようなイメージです。

このポイントさえ覚えておけば、反対の色同士の組み合わせでも、バランスよいコーディネートを作ることができます。

柄物の合わせのポイント

色の組み合わせと同様、多くの質問を受けるのが柄の組み合わせ方です。ストライプやチェックなどの柄物のシャツにはどういったネクタイが合いやすいのか聞かれることが多いです。こちらの合わせ方も、一つのポイントを覚えるだけで、グッとバランスの良いコーディネートを作ることができるので、ぜひ参考にされてみてください。

まず基本は柄の種類を揃えることです。上に書いた色の組み合わせの基本、寒色系には寒色系、暖色系には暖色系のように、系統を揃えるのがバランスよくみえます。ストライプ柄のシャツにはストライプ柄のネクタイ、チェック柄のシャツにはチェック柄のネクタイを合わせるといった感じです。さらに、これにプラスで覚えてもらいたいのが、「柄の種類は揃えるんですが、柄の大きさは変える」ということです。

一番扱いやすく種類も豊富な、線幅の狭いストライプのシャツで例をあげていきます。こういったシャツにネクタイを合わせる時に、注意したいのが柄の大きさを変えるということです。線幅が狭いシャツには、線幅の広いネクタイを合わせるようにするとキレイにまとまります。

幅の間隔が近いとうるさくなる可能性があるので注意が必要です。

使いやすい小柄

ネクタイの柄の中で使いやすさが抜群にあるのが、小紋やドットなどの小柄系のネクタイです。こちらの柄は無地はもちろん、ストライプ柄にも、チェック柄にも相性のよい柄なので、上手に使うとコーディネートの巾がグッと広がります。一本あるととっても重宝すると思うので、お持ちでない方は次回ネクタイご購入の時に、ぜひ選んでみてください。

最後に

今回ご紹介した組み合わせは、コーディネートの基本です。シャツ、ネクタイの組み合わせ方はまだまだ何パターンもあります。基本を生かしつつ応用を広げていき、自分で新たな組み合わせを見つけていくのがコーディネートの楽しみ方です。何度もチャレンジして自分だけのコーディネートを見つけてみてくださいね。

関連記事

  1. オーダー用スーツ・ジャケット素材、続々入荷中です!

  2. 成人式用スーツは、秋の気配

  3. この季節に、礼服を買うべき3つの理由

  4. もう一つの重要ポイント、鞄を学ぼう

  5. 着心地と暑さの悩み、裏地で解決できるかもしれません

  6. おすすめスーツは?と聞かれたら、絶対おすすめしたくなる一着

PAGE TOP