暑い季節に最適な「麻」の持つメリット、デメリット

こんにちわ。広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。日に日に暑さが増してきていますね。本格的な夏はまだまだ先ですが、待ちゆく人もジャケットを脱いだクールビズスタイルの方が目立ちだしました。クールビズスタイルは見た目も軽やかで涼しくていいですが、お得意様に会ったり、出張に行ったりするときに、どうしてもジャケットを着ないといけないこともありますよね。そんな時には暑い夏でも快適にご着用頂ける素材選びがとっても重要です。

 

今日はこれからの時期に大活躍する素材、【麻】についてお話していきます。多くの方は「麻=シワ」というイメージをお持ちではないでしょうか。確かに麻は、他の素材に比べるとシワになりやすい特徴がありますが、同時に他の素材にはない魅力的な特徴も多く持っています。麻の商品を上手に使いこなすと、ご自身もそうですが、周りで見る方も涼しげな気持ちになり、気分的に暑さも和らぎます。ぜひ皆様にも快適な麻商品にチャレンジしていただきたいので、簡単にですがその特徴をご紹介していこうと思います。ぜひ読んでみて下さい。

夏といえば麻

商品に麻素材が多く使われる季節は夏です。夏といえば多くの方が暑さと戦う時期です。少し動けば汗をかいてしまい、服が肌にまとわりつき不快になってしまう時期です。麻素材はこの不快感を軽減する特徴をもっているので、夏になるとよく目にするようになるんです。ではなぜ麻は他の素材に比べて夏に強いのでしょうか?麻の特徴を知るとその答えがでてきます。

麻の特徴

麻の代表的な特徴

・通気性が良い

・吸水、吸湿性に優れている

・繊維が伸びにくくかたいので汗をかいても肌に張り付かない

このように麻は夏にピッタリなメリットを持った素材です。吸い取った水分を素早く外に逃がすのでカビや雑菌も繁殖しにくい素材です。通気性が良く熱を逃がす麻は、高温多湿の日本では古くから重宝されていました。夏の衣服着用時の不快感をやわらげてくれる特徴を持つ麻は、夏向きの素材ということですね。

麻素材の取り扱い

濃い色で染色された麻は、着用中の摩擦や汗で、色落ちする可能性があります。麻は繊維の内部まで染料が浸透しにくく完全には染まりにくい性質を持っていて、他の繊維に比べて比較的色移りしやすいので取り扱いには注意が必要です。濡れたまま擦ったり、連続して着用したりするのは避けた方がいいです。

ネップも麻の特徴

麻素材の洋服などには、生地表面にかたまりのような物を見かけることがあります。これは「ネップ」「フシ」と言われ、繊維が絡み合ってできた糸の節が、生地表面にでたものです。麻は素材の特性上、均一に整った糸を紡ぐことが困難なので、生地の表面にスジや玉状のネップがどうしてもできてしまいます・・・。このネップも「シワ感」同様に、麻の特徴の一つだということを覚えておいてください。

オーダー時の注意点

麻は、オーダー商品でも人気の素材です。特に「ジャケット」や「シャツ」でよく選ばれます。肌触り、見た目共に清涼感が出て人気の素材ですが、麻は伸縮性があまりないので、サイズ感は注意して作らないといけません。通常作るサイズより少しゆとりを持って作った方が動きやすくなります。タイトな形を希望の場合はスタッフにしっかり相談してお作りください。また着用時にシワが出てくる麻は、作った寸法よりも丈が短く感じることがあります。巾のゆとり同様に、袖丈・着丈も通常のサイズ合わせより少しゆとりを持ったほうがバランスが良くなります。

ネクタイも麻

ジャケットやシャツだけでなく、ビジネスアイテムであるネクタイにも麻素材を取り入れると、さらに見た目の清涼感がでていいですね。クールビズスタイルの時のたまにあるジャケット着用と同様に、ネクタイも付けないといけないときがでてきます。そんな時は少しでも暑苦しさをやわらげてくれる麻ネクタイを選んでみて下さい。

まとめ

夏の暑苦しさを軽減させてくれる麻素材。シワになりやすいというマイナスイメージをお持ちの方も多いと思いますが、上手に使えば、これ以上ない夏には最適な素材です。麻の快適さをまだお試しいただいてない方は、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

関連記事

  1. チーフで引き締まるVゾーン

  2. スーツのイメージはボタンで決まる!MOPという言葉の謎に迫る…

  3. メンズ倉庫の礼服やスーツはなぜ人気なのかを書こうとしたら長く…

  4. 「実践編」これだけは覚えておきたいポケットチーフの3つの挿し…

  5. ここだけは押さえたい!用途に合わせたコートの素材や選び方

  6. 大人の工場見学行ってきます!

PAGE TOP