知っておきたい!クールビズスタイルの時に履くべきパンツとは?

 こんにちわ。広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。クールビズ真っ只中。毎日が暑さとの戦いです。外を少し歩くだけで汗が噴き出してきます(笑)シャツは毎日着替えますし、洗濯やクリーニングも頻繁におこなうので快適に着用できますが、スラックスはどうされてますか?

最近ではご家庭で洗えるスラックスも増えてきて、シャツ同様汗をかいたり汚れたりしても簡単に洗濯できるので便利になってきましたね。さて、今日はこの時期に履くスラックスについて、選び方など重要なポイントについてお話していこうと思います。

スーツの下を使うのは良くない

 クールビズの時に普段は使われているスーツのパンツを使う方がいますが、あれはあまり良いものとはいえません。どれだけ丁寧に気を使って着用しても生地は必ず傷んできてしまいます。スーツとして上下を同じ頻度で着用するのはいいですが、パンツだけを着用してしまうと傷みの進行度に差ができてしまいます。夏の強い日差しの下で、多く汗をかいてしまう時期なら尚更です。パンツだけを着用しているうちは気付かないですが、いざスーツとして上下を合わせてみると、その傷み具合の違いにビックリすることもあります。(自分も同じ経験をしたことがあります・・・。同僚に「上下色違うよ!」と指摘されてしまいましたwww)

基本的にスーツの上着とまったく同じパンツの単品販売はありません。パンツだけを買いなおすことができないので、上着はキレイでまだまだ使えるのに、スーツとしては使えなくなってしまうということです。そうなってしまわないように、クールビズの時にはスーツのパンツを使うのは避けるようにしましょう。

色は明るめのほうがいい

 スーツでは濃紺やダークグレーなど暗めの色が定番となっています。普段そういった色を着ている方は、着慣れているということもありクールビズスタイルでも同じような暗めの色のスラックスを使う方が多いです。

そうすると、クールビズで爽快感を求めているのに、色味が暗く重たい印象になってしまいます。そこでクールビズの時は思い切って明るめの色のスラックスを選んでみましょう。おすすめはブルー系やライトグレー系です。

見た目で暑苦しさがなくなるのもそうですし、ダーク系のパンツに比べて光の吸収も少なくなるので、見た目だけではなく、実際に涼しさを感じるようになりますよ。

※明るめの色以外でおススメなのは、スーツとして上下ではゴチャゴチャして、うるさくなりそうで着にくいチェック柄のパンツなどもいいですね。パンツだけなら少し目立つ柄でも意外に抵抗なく着用することができますよ。ダーク系のカラーでも柄が強調されれば少し軽快に感じます。

家で洗える

 最初に書きましたが、家で洗えるスラックスが増えてます。すべてのパンツという訳ではありませんが、スーツのパンツと違い単品で売っているスラックスは、ご家庭の洗濯機で洗えるものが多いです。(当店取り扱いのスラックスは9割以上、簡単に洗濯できる使用となっております)

何度もクリーニングに出すことなくご家庭で気軽に洗濯できるのは、汗を多くかいてしまうこの時期では、とっても役に立つポイントの一つです。よくお客様から聞くのが、明るめのパンツを履きたいけど、汗シミや汚れが気になってしまい履けないという声です。ダーク系のカラーを選んでしまうのはこういったところにも原因があるんですね。でも、ご家庭で簡単に洗えるならその心配も少しは無くなるのではないでしょうか?お選び頂いたスラックスが洗えるか洗えないかは洗濯表記ですぐ確認できます。

もしわからなければ遠慮なくお問い合わせください。

細すぎるのも良くない

 スーツ業界の流れは、一時期のスリムテーパードスタイルから、クラシック回帰という、少しゆとりを持ったデザインを着るのが主流になりつつあります。しかし、街を歩く人をみるとまだまだピッタリタイトなスーツを着ている方が多いです。

クールビズのパンツを考えるときに、普段ピッタリ目のタイトなデザインを好む方は特に注意が必要です。スーツとして上下で着てるときには見えにくかった部分が、クールビズスタイルでは目立ってしまうからです。その部分は「ヒップ」や「モモ」です。特に気にしたほうがいいのがヒップです。自分の後ろ姿はあまり自分で見ないのでわかりにくいですが、後ろから見てヒップの部分がお尻の形がわかるくらいピタピタなのは、見栄えが良いとはとても言えません。

適度なゆとりがないと無理して履いてるように見え、タイトな印象を与えるというより、ピチピチでお尻きつそうだけど大丈夫かな・・・という、想定外の印象を与えてしまうこともあるかもしれないので、極端にタイトなデザインは避けるようにしたほうがいいかもしれませんね。

※これくらいヒップが張っているとあまり良い印象にはなりません・・・

まとめ

 素材やシャツとの相性などまだまだお伝えしたい情報はたくさんありますが、長くなって読むのに疲れるとよくないので今回はここまでにしておきます。一番お伝えしたいところは、「クールビズの時にはスーツのパンツは使わない」という点です。スーツのパンツは上着と一緒に上下で着用するときに履いて、上着を着ないときは単品のパンツを使うのがおすすめです。スラックスの特徴をしっかり理解して、暑い時期を乗り越えていきましょう。

関連記事

  1. シーンに似合ったジャケットの裾の種類を考える

  2. オシャレなスーツにある、謎の糸

  3. 正しいサイズを理解して、スーツをオシャレに着こなそう

  4. 知らなかった、カフスボタンの由来

  5. メンズ倉庫の礼服やスーツはなぜ人気なのかを書こうとしたら長く…

  6. この季節に、礼服を買うべき3つの理由

PAGE TOP