メンズ倉庫

1着目から卸売り価格!
広島市安佐南区上安にあるメンズスーツ専門店です。 お店の場所

着心地と暑さの悩み、裏地で解決できるかもしれません

着心地と暑さの悩み、裏地で解決できるかもしれません

ジャケットやスーツに必ずついている裏地の部分。

今回は、この裏地に使われている素材から、その使い方などまで少し深堀してみたいと思います。

そもそも裏地とは

スーツには「裏地」と呼ばれる部分があります。

お持ちのスーツがあれば内側を見てみてください。表の生地が使われた居ない部分にはほぼ、ポリエステルなどの素材のツルツルした素材が使われています。これを裏地と呼びます。

メンズのスーツにはほとんどの場合、この「裏地」が付いています。
素材も色々で、古くはシルクに始まり、現在はほとんどがポリエステル。一部でキュプラという素材も使われている事があります。

この裏地の持つ意味は大きく分けて3つあります。

汚れや摩耗の予防

1つ目は汚れや摩耗の予防です。

スーツの素材はほとんどの場合ウールが使われています。ウールというのはご存知の通り羊の毛の事を指しますが、このウールという素材は本当に凄い素材です。

保温性、保湿性、吸湿性、発散性、などなど、今日は裏地がメインなので詳しくは書きませんが、つまり羊さんがこの毛だけで1年を過ごすことを見ても分かるように、冬には暖かく湿度を蓄え、夏には湿度を発散させかつ適度な通気性も持っている素材です。

しかし、天然素材であるがゆえに摩耗などに弱いのも事実です。化学繊維は一般的に強い素材が多いですが、ウールや綿、麻といった天然素材はどうしても摩耗します。

この欠点である耐久性の弱さを補うのが裏地です。

ほとんどの場合、スーツの裏地には滑らかな素材が使用されていますが、体とスーツ本体との摩擦を軽減する効果があります。

湿度の調整

逆に表地にポリエステルなどの吸湿性の低い素材が使われている場合に、裏地には湿度を調整する機能を持たせている場合もあります。

後述しますが、綿やキュプラなどの一部の素材は吸湿性に富む素材もあります。このような素材を使うことで表地が持たない吸湿性を補うという効果もあります。

見た目

スーツの場合、裏地は内側になるのでほとんどの場合見えませんが、例えばベントの切れ目やポケットのフラップ(ふた)の内側などにも同じ裏地を使うため、見えないようでいて結構見えます。また当然ながら着たり脱いだりするときにも見えるので、オーダースーツなどではあえて裏地の部分にデザイン性の高い生地を使い個性を出すこともあります。

裏地の使い方

背抜き

スーツの内側を開いてみると裏地がついていますが、背中のところの裏地のうち下半分が省いているものを背抜きと言います。

日本では一般的に、春夏用のスーツにこの仕様のものが多く、裏地がない分、涼しく軽い仕様です。またシャツジャケットなどのように軽い風合いを持たせるために、秋冬用のジャケットやスーツであっても背抜き仕様で作られているスーツやジャケットもあります。

総裏

裏地を見た時に、背中全面に裏地が張られている仕様の物を指します。背中だけでなく、もちろん前身ごろの部分も裏地でおおわれているので、総裏と呼びます。

日本では秋冬用のスーツやジャケットに多く用いられます、当然裏地がある分保温性があがり、暖かくなります。

代表的な素材

裏地に使われる代表的な素材は3種類です。
ひとつずつご説明していきます。

ポリエステル

最も多く使われる素材です。後から出てくるキュプラやシルクにくらべてやや安価でありながら、加工のしやすさにより機能性の高い種類やデザイン性の高い裏地などその種類は多岐に渡ります。なめらかでシワにもなりにくいため、ベストの背中側素材としても使われます。

キュプラ

キュプラは一般的にはポリエステルの上位素材として位置づけられます。一見するとポリエステルと大差はありませんが、滑らかで肌触りが良いのが特徴です。また静電気も起きにくいのも長所です。
しかし短所としてシワになりやすいという特徴もあります。

シルク

現在ではシルクの裏地が使われることはかなり少なくなりました。シルクは見た目でもはっきりわかる光沢と滑らかさが特徴です。吸湿性も放湿性もコットンよりも上で肌触りも抜群です。しかし、強度が低い事やとても高価なため一般に目にかかることはあまりありません。

イギリスの仕立てに見る裏地の使い方

少し余談になりますが、スーツの本場イギリスの仕立てでは裏地を抜くことはほとんどありません。
日本より涼しいという気候も影響あるのでしょうが、本来、裏地は表地の保護という目的もあるため、本場イギリスのスーツは夏もののスーツでも、裏地を抜いてあるものはほとんどありません。ちなみにイギリス本国の生地サンプルをM知恵居ると、「夏用」と謳われている生地でも日本の3シーズンくらいにしか相当しないこともあります。もちろん生地メーカーによってラインナップは違いますが、気温の違いが表れているといえます。

日本の場合

日本のスーツ環境は少し違います。
イギリスに比べて平均温度も高く、湿度も高い日本では暑さや蒸し暑さと上手に付き合えるかどうかが重要になってきます。冬は外国に見習って厚めの生地で総裏にしてしまえば良いのですが、夏には表地には薄く通気性のある生地を使い、裏地も通気性を持たせることによって全体として着心地の良いスーツを作る必要があります。

夏向きな裏地の種類

一般的にはポリエステルの裏地が選ばれることが多いのですが、同じポリエステルでも写真のように薄めの生地を使うこともありますし、もっと極端にいうとメッシュ編みという手もあります。キュプラの方が吸湿性という意味では上位に位置づけられるのですが、コットン由来であるため湿度や水にやや弱く放湿性もそれほど高くないため、実は好みが分かれるところです。

冬向きな裏地の種類

キュプラは静電気が起きにくいため、空気の乾燥する冬には最適と言えるかもしれません。とはいえポリエステル素材がだめというわけでは全然ないので、積極的に選んで良いと思いますが、透けるくらい薄手の生地の場合、表地によっては寒く感じることもあるかもしれません。

3ピースの場合

例えばオーダースーツだと裏地の使い方についてはある程度お選びいただけるのですが、3ピーススーツの場合、あえて背抜き使用で作られる方もいらっしゃいます。これはベストを着ない状態で3シーズンぽい着方をして、寒いときにはベストを着るといった着方をするためです。
気を付けないといけないのは、ベストの背中側の部分です。オーダースーツの場合は上着の裏地に使たキュプラと同素材を持ってくることもあります。この場合、滑りはとてもよくなり着心地はいいのですが、しわになりやすいキュプラの性質のため、上着を脱いだときに背中側にかなりくっきりとしたシワが見える可能性があります。

まとめ

たかが裏地、されど裏地。素材による機能性の違いはもちろんのこと、デザインを変えることでスーツ全体のイメージを大きく変えることができます。見えないところにこだわるのもスーツの面白さかもしれません。
最近は、オーダースーツでこだわるのはもちろんですが、既製品でも面白い裏地をつかったものもあります。デザイン性だけではなく機能性にも注意しながら好みに合った1着を探してみてくださいね。

このページの先頭へ
このページの先頭へ
このページの先頭へ