メンズ倉庫

1着目から卸売り価格!
広島市安佐南区上安にあるメンズスーツ専門店です。 お店の場所

オーダースーツの作成の流れを作る前に知っておこう!

オーダースーツの作成の流れを作る前に知っておこう!

こんにちわ。広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。12月は何かと忙しい時期です。体調も崩しやすい時期なので注意してくださいね。

さて、今日はここ数年、需要がどんどん高まっているオーダースーツについて、言葉は知っているけど作ったことがないから詳しくわからない・・・という方に向けて、当店でのオーダースーツ作成の全体的な流れをお伝えしていこうと思います。今後オーダースーツをお作りいただく際に、流れがわかっていると変な緊張もせずにご来店いただけると思うので、ぜひご参考になさってみてください。

ステップ1 生地選び

まずは何といっても一番大事な生地選びです。オーダースーツをお作りになる方に、なぜ作るのか?を聞くと、多いのが「既製品に気に入る柄がない」「既製品ではサイズが合わない」という意見です。少し前まではサイズが合わないからオーダースーツにしようという方が多かったですが、最近はオシャレにスーツを着こなしたいという方が増え、こういう柄が着たいからオーダースーツで作ろうという方が多くなってます。当店では38000円~138000円まで幅広い価格帯で生地をご用意いたしております。ご予算に合わせてご提案させていただきますので、あらかじめご予算がある場合は遠慮せずにお伝えください。最近ではSNSで芸能人や一般の方のオシャレなスーツを見られて、このスーツが作りたい!といって来店される方も増えています。お作りになりたいイメージが明確ですと生地を探すのも早くなるので、こんなスーツがいいという画像があれば一緒にお持ちください。

ステップ2 カウンセリング

お作りになる生地が決まったら次は、どういったスーツを作るのか?をカウンセリングしていきます。当店のオーダースーツはイージーオーダースタイルとなっていて、スーツのシルエットなどはお客様のお好みのものでお作りすることができます。流行りのスリムスタイルにするのか、クラシックなゆったりスタイルにするのか、ボタンの数は?ポケットの形は?既製品で売っているスーツと違い、そういった細かいところまでお客様の好みで選んでいけるのがオーダースーツです。お客様のスーツ使用の用途によっておすすめの形にもっていけるように、しっかりスタッフと話をしていきます。普段聞きなれないようなスーツの細部の部分の話しをすることもありますが、その点もお客様に理解いただけるようにわかりやすく説明させていただきますのでご安心ください。

※このカウンセリングの中に、【ボタン選び】と【裏地選び】が含まれています。ボタンや裏地は無料オプションと有料オプションにわかれていて、どちらを選んでいただいても基本的にはお客様に選んで頂くようになります。ボタンや裏地は個性がでやすいオプションの一つです。シンプルにいくのか?目を引くようなものを選ぶのか?選んでいただいた生地にはこういった物が合うというアドバイスはもちろんさせていただきます。丸投げにはしませんのでご心配なく(笑)

ステップ3 採寸

生地が決まり、カウンセリングが終わると、いよいよ採寸です。まずはメジャーを使って肩幅や、胸回り、お腹周りなどを測っていきます。この数値が、お客様に見合ったスーツを作るのに重要なポイントです。この時に緊張して力が入っていると正確な数字が測れないので、リラックスして自然体でいるように心掛けてください。メジャーでの採寸が終わると次は、ゲージと呼ばれる見本のスーツを実際に着て仕上がりのイメージを作っていきます。袖や着丈の『長さ』の部分、肩やお腹回りの『巾』の部分をお客様の好みに合わせていきます。カウンセリングで得た情報をもとに、おすすめの形をご提案していきますが、それで決定ではありません。実際に見本のスーツを着ると、ああしたい、こうしたいという思いが出てくるはずです。それを遠慮なくスタッフにお伝えください。そうやってお客様とスタッフとで話し合いながら進めていくことが大事です。気になること、仕上がりの不安、何でもどんどん言ってきてください。

ステップ4 最終確認

採寸まで終わり、残すは最終確認です。スタッフはお客様のカルテに記入漏れ、確認漏れがないかここで最終的なチェックをさせていただきます。その間にお客様の方でも、付け加えることがでてくればお伝えください。双方問題なければ、納期の確認と、仕上がり伝票をお客様に記入してもらい終了です。ここまでがオーダースーツを作る一連の流れです。このあと、お客様が帰られた後にスタッフがデータをまとめ、工場に注文をかけます。そして約1か月~1か月半後に納品となります。

ステップ5 仕上がりチェック

納品の際は時間があるようでしたら、その場でご試着いただき仕上がりをチェックしていただきたいです。当店では仕上がり後の微調整は無料でお受けしております。サイズ合わせの時に来た見本のスーツとは着心地は違うはずです。実際に出来上がりのスーツを着ると、何か違和感がでてしまうかもしれません。そういったご意見をぜひその場でお伝えください。少しお時間はいただいてしまいますが、完璧なスーツとなるように調整をかけてもう一度納品させていただきます。遠慮はいりません。気になることがあれば何でもおっしゃってください。当日お時間がなく、ご試着せずにお持ちかえられたお客様も同じように微調整は無料なので、気になることがあれば後日でもいいのでおっしゃってください。

微調整が入った方は、データの数値を見直して記入しなおした上でカルテとして保管します。微調整が入らなかった方も当然カルテは保管します。ですので、次回お作りいただく機会があれば、前回のカルテを参考にスーツを作ることができます。サイズが気に入ってそのままの形で作るなら、二回目は採寸の時間がなくなり、生地選びだけで済んだりします。サイズ感を変える方でも前回のデータが参考になるので、やはり二回目は時間が短縮されることが多いです。時間がかからず、びしっとお客様にピッタリのスーツが作れるようになるとお互い気持ちがいいですよね。

まとめ

一通りオーダースーツ作成までの流れをご紹介させていただきましたが、やはり文章だけだと上手く伝えられてない部分もあると思います・・・。

「百聞は一見にしかず」

やはり一番理解できるのは一度ご自身で体験してみることだと思います。わからないことは全力でサポートさせていただきますので、機会がありましたらぜひ一度オーダースーツに挑戦してみてください。

※当店ではレディースオーダースーツも取り扱っております。採寸方法など基本的には紳士物と一緒になります。採寸は女性スタッフがおこないますのでご安心ください。女性スタッフの出勤日等で採寸ができない場合がありますので、先にご予約していただくのが確実だと思います。

このページの先頭へ
このページの先頭へ
このページの先頭へ