メンズ倉庫

1着目から卸売り価格!
広島市安佐南区上安にあるメンズスーツ専門店です。 お店の場所

スタッフブログ

秋が来る前に!今さら聞けないネクタイの柄と素材の選び方

2018.08.27

広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。こんにちわ。

日が過ぎるごとに秋の気配を感じるようになってきました。まだ本格的な秋は先ですし、クールビズ期間も残っていますが、ネクタイをしない今だからこそ、「ネクタイの基本」について書いていこうと思います。秋からのネクタイ選びの参考にしてみてください。

ネクタイの柄

沢山の柄の種類があるネクタイですが、まずは基本的な柄をご紹介してきます。

ストライプ・・・最も多い柄の一つです。レジメンタルストライプ、マルチストライプ、ペンシルストライプなど多くの種類があります。若々しくスッキリした印象を与えてくれます。

チェック・・・タータンチェック、マドラスチェック、ギンガムチェックなどストライプと同様、柄の種類が多いです。伝統的な基本柄の一つです。カジュアルな印象を与えます。

小紋・・・その名のとおり小さな柄のことです。柄が規則的に入っているものもあれば、不規則に入っているものもあります。柄が大きいとカジュアルより、小さいとクラシックよりの印象になります。

ソリッド(無地)・・・どんな柄のスーツ、シャツに合わせることが出来ます。流行に左右されることがないので、困った時は無地に頼るのもいいですね。

色による季節感

胸元の印象は相手に与えるイメージが大きくなります。ネクタイでの季節感の演出がコーディネートでは大切なのでお気を付けください。

・・・桜をイメージさせる「ピンク」春の新緑、花をイメージできる「黄色」「黄緑」などのパステルカラーがオススメです。

・・・外の暑さに負けない爽やかな色合い。涼しさを感じる「水色」「シルバー」などがオススメです。

・・・紅葉の色合いである「赤茶」ブドウの収穫時期もあるので「ボルドー」などがオススメです。

・・・寒い時期なので、胸元は暖かみのある色を付けましょう。「ワイン」がオススメです。

通年・・・紺系のネクタイは季節を問わずいつでもお使いいただけます。紺系のネクタイは数本持っていると大変便利です。

素材も豊富

ネクタイにはいろいろな素材があります。季節を感じさせる素材もあるので、そういったネクタイを選ぶ際には注意が必要です。

シルク・・・一番多く使われている素材です。適度な光沢とネクタイの締めやすさがあり、手触りもなめらかです。シルク100%もあれば、シルク×ポリエステルやシルク×綿などもあり、いろいろな素材と組み合わさることもあります。

・・・麻は涼しさを求める夏においてカジュアルの世界でもよく使われます。通気性があり軽い素材感が暑い時期に大変使いやすいです。夏場にネクタイを付けるなら、できるだけ涼しさを感じれる麻系のネクタイがオススメです。

ウール・・・スーツでよく使われるウールですが、ネクタイでも使われます。特に多いのは暖かみを多く感じれるように作ってある冬用ウールタイです。胸元から暖かさを演出できるので、自分だけでなく周りで見てる方も暖かい気分になれるような素材です。当然冬にオススメです。

ニット・・・セーターのように編み込まれたネクタイです。他のネクタイに比べカジュアル感が強くアピールできます。スーツに合わせるよりは、ジャケパン(ジャケスラ)スタイルに合わせるのがいいでしょう。

ネクタイの巾にも注意

ネクタイは巾の種類も豊富にあります。

写真のように剣先の部分の長さがネクタイの巾になるんですが、その巾はいったいどれくらいか適正なんだろう?知らない方も多いと思います。絶対にこれ!という明確な決まりがあるわけではないですが、全体のバランス感をきれいに見せるためには、ネクタイ巾の目安となる物がスーツの部位にあります。それはスーツのラペル巾です。下の写真の部分の長さがラペル巾です。

ここの長さと同等、もしくは近い長さのネクタイを胸元に入れると、全体のバランス感がグッとあがります。お持ちのスーツのラペル巾を一度確認してみてください。

ネクタイに合ったネクタイピン選び

上に書いたようにネクタイには巾が何種類もあります。ネクタイピンを選ぶ際にはそのネクタイの巾にあった物を選ぶのが大事です。ネクタイの巾とネクタイピンの長さにも注意してください。

最後に

お店では夏場もネクタイ着用で営業をおこなっていますが、出社の時などはノーネクタイです。ノーネクタイで出勤して、お店にきてネクタイを締めるとグッと気持ちが引き締まります。「よし!今からしっかり仕事するぞ!」という気持ちになります。

ネクタイをビシッとつけるとやっぱりスーツスタイルもバシッと決まる気がして、ビジネスにおいてネクタイの重要性はやはり高いんだなあと感じます。皆さんもクールビズが終わり、ネクタイ着用の時期が来たら、ネクタイの重要性をぜひ感じてください。

春夏スーツと秋冬スーツの見分け方と、衣替えの注意点

2018.08.11

広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。こんにちわ。
立秋を過ぎ、こころなしか暑さが和らいだような気がしています。とはいえ涼しいというまではいかないので毎日が暑さとの戦いですね・・・w

こんな暑さの中ではありますが、オーダースーツの世界では早くも秋冬物の新作生地の入荷が始まっています。ご注文を頂いてから完成まで約一か月お時間がかかるので、本格的な衣替えが始まる前から秋冬物の準備をされる方も多いです。
早めの準備をしておくと安心ですよね。

多くの方にとっては本格的な衣替えはまだ先になるかもしれませんが、その前に、そもそもお持ちのスーツの素材は何なのか?秋冬と春夏のスーツの違いは何なのか?を簡単にご説明していこうと思いますので、衣替えの参考にしてみてください。

 

春夏スーツと秋冬スーツの見分け方

一番簡単なのはスーツの上着の「裏地の有無」です。お持ちのスーツをめくってみて背中の部分が抜けてたら「春夏

抜けていなかったら「秋冬

これが基本です。これなら簡単にチェックできますよね。

しかしながら、この見分け方が確実に正解とは言えないのがスーツの世界の難しいところです。背中の部分は抜けてるんだけど、どうも生地に厚みを感じて春夏らしさがないな・・・というスーツをお持ちの方もいるかもしれません。そんな方には、背中の裏地の有無以外にも春夏か秋冬かを見分けるポイントがあるので、次はそちらをチェックしてみてください。

 

生地の織り方にも種類がある

生地の織り方は大きく分けて2通りにわかれます。「平織」と「綾織」です。

平織は、縦糸と横糸が一本づつ交差して織られていて、通気性が高く、軽さもでるので一般的には春夏スーツによく使われます。生地を近くでよく見ると細かいチェックのようになっています。


綾織は、縦糸が一本に対して横糸を二本か三本にして織ります。こうすることで織の密度が高くなり、保温性があがります。秋冬スーツの多くはこの織り方になっています。こちらは生地を近くで見ると斜めに柄が入るのが特徴です。


ここが見分けれるようになると自分の持ってるスーツの季節の見分けが出来るようになるので、衣替えの時期になっても安心です。

ただここでも注意が必要なのは、平織り=春夏、綾織り=秋冬とも限らないということです。分類はあくまで一般的な話で、綾織りの春夏用の生地や厚手な平織りの秋冬の素材は結構あります。

ですので、総裏(裏地が全部ついているもの)は確実に秋冬。

でなければ、生地を透かして見て向こうがちゃんと見えるくらいなら春夏、ぎりぎり光が透けて見えるかどうかくらいだったら秋冬という判断も参考にしてみてください。

衣替えの時のトラブル

さて、自分のスーツが春夏か秋冬かが分かったところで次は衣替えの時に起こる一番のトラブルについて書いていきます。

衣替えの時にチェックしたいのは虫食いの有無です。大事にしまっていた衣類に虫食いがあるのを発見した時は切なくなります・・・。そもそも虫食いは何が原因で起こるのでしょう?

衣類の天敵 衣類害虫

虫食いを起こすのはイモムシのような衣類害虫です。代表的なのは「カツオブシムシ」「イガ」等です。画像を載せようかと思いましたがちょっと気持ち悪かったのでやめときます(笑)興味のある方は検索してみてください。

衣類害虫の成虫は家の中以外にも、外も飛んでいます。外出時に衣類についたり、洗濯物を干してる時にくっついていたりして家の中に入ってきます。害虫の好物は「湿気」です。クローゼットの中は絶好の住処になります。そこで一匹が一日に数百個の卵を産みます。

それがふ化して数か月暮らして衣類を食べます。これが虫食いです。写真を見た方はお分かりだと思いますが、あの虫が数百匹とかいるとか考えるとゾッとします。

虫食いを防ぐには

このような虫食い事件を起こさないためにはケアが必要です。当然ですが、まずは衣類は洗濯をしてからしまいます。衣類についた食べこぼしや、皮脂汚れも虫のエサになるので必ず洗濯をしてからしまいましょう。

そして数か月ごとに天気の良い日にしっかりクローゼットの中の風通しをしましょう。これにプラス大事なの防虫剤です。防虫剤にもいろんな種類があります。効き目がある期間等見落とさないように注意しましょう。これで完璧とはいえないですが、やらないよりもやったほうが確実に危険性は減るのでぜひ実践してみてください。

クリーニングの落とし穴

大切な衣類を長期収納する際にクリーニング店をご利用する方は多いと思います。プロに洗濯してもらうという行動は衣類にとってはとてもいいことです。細かな汚れまで取ってもらえるのでぜひクリーニングはご利用ください。

ですがここからが重要。クリーニングに出すと、戻ってくる衣類はビニールに入れられて戻ってきます。キレイに包まれてるからといってあのビニールに入れたまま衣類を保存するのは良くありません。あのビニールは持ち運びの際に汚れがつかないように付けてるだけです。通気性がなく、熱や湿気がこもりやすいのであのビニールのまま保管するのは、大変危険なのでやめるようにしてください。

衣類の保存には「不織布(ふしょくふ)」というものがオススメです。汚れを防ぎ、適度な通気性を持った素材なので保管の際にはこちらをお使いください。100均にも売っていますよ。ちなみにメンズ倉庫でお買い上げ頂いた際に付けるスーツケースは不織布になっているので、ご安心してお使いくださいね。

大切な衣類を守るにはケアが大事です。次回衣替えの際には素材のチェックと、虫食いの予防をしっかりおこなって大事な衣類を守っていきましょう!

クールビズの基本「ジャケパンスタイル」をマスターする

2018.07.22

広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。こんにちわ。
梅雨が明けてから本当に暑いです・・・、外に立っているだけで何もしなくても汗がふきでてきます。これからまだこんな暑い日が続くと思うと心が折れそうになりますね・・・。夏が始まったばかりなのに早く秋が来てほしいと切に願う今日この頃です(笑)

さて、今日は夏場のビジネススタイルである「クールビズ」において、役に立つアイテムをご紹介していきます。今回ご紹介するのはこちらの商品・・・

一着持っていると重宝するジャケットです!!

クールビズのスタイルと言えば、「シャツ×スラックス」が基本ですが、外出時やお客様に合われるときなどに上着を着ないといけないときがあります。そういった時に、お持ちのスラックスと合わせてコーディネートできるジャケットがあると便利です。

ジャケパンスタイル」「ジャケスラスタイル」等と言われるものですが、ここ数年でそのスタイルをされる方がグッと増えてきています。そこで、そのスタイルをする際の基本的な合わせ、注意点等について簡単にふれていこうと思います。

ジャケパンスタイルで大事なのは色の濃淡

ジャケパンスタイルの基本は、「色の濃淡」です。これが一番大事なポイントです。上と下の組み合わせにパッと見てすぐわかるぐらいの、「濃い・薄い」の差を作りましょう。上が濃い色(黒や紺)なら下は薄い色(ライトグレーやベージュ)上が薄いなら下は濃くです。スーツは当然ながら上下同じ色になりますが、ジャケパンスタイルは上下違う色にすることが大事なので間違えないようにしましょう。

そこをふまえて考えていくとジャケットを選ぶのも簡単になっていくと思います。まずご自身がお持ちのスラックスの色や柄を思いだしてみてください。

普段はかれているスラックスが、黒や紺などの暗めの色が多い方はライトグレーやベージュなどの淡い色のジャケットをお選びいただくと、お持ちのスラックスに合いやすくなります。最初にジャケパンスタイルに挑戦するなら、ジャケットが濃い色、スラックスが薄い色の組み合わせがおすすめです!

 

素材選びもポイントです

スーツは基本的にウール素材が多いですが、ジャケットは素材の種類が多くなっています。スーツと同じようなウールもありますし、綿素材や、ポリエステル素材、夏の時期だと麻素材・・・、種類は沢山ありますし、それぞれ素材の特徴もあるので、どういったものを選ぶのか悩まれることもあると思います。

もしジャケットを買うのが初めてだという方は、最初は「ウール系」のジャケットをおすすめします。スーツでよく使われるウール素材なので、普段から着慣れていて着用時の違和感も感じにくいですし、見た目もカジュアル感が出過ぎないので、扱いやすいと思います。

 

柄も豊富にあります

スーツと比べ、ジャケットは色・柄も種類が豊富になります。ビジネスで使うことがほとんどのスーツ、ビジネスでもカジュアルでも使うことが多いジャケット、使う用途の幅が広いジャケットなので、柄も豊富にあります。素材同様、数ある種類の中からどれを選べばいいのだろうか?そんな悩みがあると思います。

ここで一番最初におすすめしたいのは「無地系」です。ジャケットはスラックスとの組み合わせで着用するものです。ストライプやチェック柄、スラックスにも柄がたくさんあり、洗い替えも考えて複数所持することの多いスラックスは柄が統一されていないと思います。そんな様々な柄物スラックスにすべて対応できるのが無地なんです。ですので紺無地やグレー無地を選んでおけば、下に合わせるスラックスは柄物でも、無地でもなんでも合わせることが出来ます!

 

まとめ

今回はジャケパンスタイルに基本について書いてきました。まず一着ジャケットをお持ちになるなら、
紺色か黒のウール系の素材のジャケット


こちらをお探しください。それに薄い色のスラックスを合わせる。これができればジャケパンスタイルの基本形は完成です。基本をしっかりマスターして、おしゃれでかっこいいビジネスマンになりましょう。

 

応用編


夏におすすめ爽やかコーディネートです。基本の「濃い色×薄い色」ではなく、「薄い色×薄い色」の組み合わせです。上下ともに爽やかさがでる色なので、暑い夏にはピッタリです。薄い色同士の組み合わせの中にも色の変化をしっかり付けるのがポイントです。このようにジャケパンスタイルは基本だけでなく、幅広い着こなしが可能なスタイルです。マスターすればほんとに着こなしの幅が広がって楽しくなります。まずは基本から、そして応用へと・・・、目指せジャケパンマスター!!

一日数分の作業で大丈夫!スーツの寿命を延ばす手入れ方法とは?

2018.06.26

広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。こんにちわ。
梅雨に入り、「今日は雨か・・・明日はどうなんだ?」「洗濯のタイミングはいつがいいんだ?」天気がとっても気になりますね。個人的にはサッカーワールドカップが始まり、毎日寝不足との闘いです(笑)
さて、今日は普段からよくお客様に聞かれる、「スーツを出来るだけ長く着るには?」という問いについて、こんなケアをするだけで、スーツの寿命は延びます!という方法を一つご紹介させていただきます。

スーツを長持ちさせる上で大事なのは、「毎日のケア」です。スーツの主な素材は「ウール」です。そもそもウールは本来あまり汚れが付きにくい素材です。ラノリンという成分が水をはじく役割を果たすので、水をこぼした場合でも、すぐに乾いたタオルで吸い取るように拭くと、浸透することも少ないですし、それに加え、素材そのものが調湿効果を持ってます。表面にキューティクルがあるので、湿った環境では吸湿し、乾燥している時は放湿をして、空気中の水分を調節してくれます。このように、ウールは汚れや湿度に強い素材なので、お取り扱いに対して神経質になる必要はありません。頻繁にクリーニングにだすのも素材の風合いや肌触りを損ねる原因になるのであまりおすすめしません。ではそのまま何もせずにしておけばずっと綺麗なのかというと、答えは「No」です。素材が強いからといって何もしなければ、スーツを長持ちさせることはできません。

 

素材としては強いウールですが、ほこり・汚れの付着や、着用時の摩擦により弱くなっていってしまうという特徴があります。スーツを長く使うには、その弱点の部分をしっかりケアすることが大事です。はっきりいってそんなにめんどくさい作業は必要ありません。お時間にして数分の作業で充分です。家に帰ってスーツを脱がれたら、「ブラシかけ」をしっかり行ってください。ちゃんとしたブラシかけをするだけで、一日着用して疲れたウールがみるみる回復して、本来の力を取り戻すんです!たった数分でいいのでぜひ実行してみてください。それでは簡単にできる、ブラシかけの仕方をご紹介していきます。

 

ブラシかけにはこんな道具がおすすめ

ブラシと言ってもお値段、形、色々ありますが、おすすめは馬毛のブラシです。馬毛はしなやかで、きめ細かい毛質が特徴です。そのため、繊細な生地を傷めにくく、きれいに繊維を整えることができます。大きさもご家庭で使うならこれくらいの大きさが使いやすくていいのではないでしょうか。
ではここからブラシかけの順序をご説明していきます。写真の順番で行ってください。

最初に肩回りから

 

ゴミやフケなどが一番散りつもるのが、肩部分です。首から肩、そして背中部分を下に向かって丁寧にブラッシングしましょう!

 

じつは襟裏も汚れがいっぱい

襟裏をめくると意外と汚れがたまっています。汗や皮脂も付着しやすい部分なので、見えない場所だからと言って手を抜かないようにしましょう。

 

大事な胸元部分もしっかり

スーツの見た目を左右するラペル部分です。ここも念入りに。ブラシを下に下に動かし汚れを落としていくようにやさしくブラッシングをしましょう。

背中側も上から下を意識して


背中は椅子に座ったり、もたれたりした際に汚れが付着します。気付きにくい部分も忘れずにブラッシングすることが大切です。

袖口も忘れずに


腕を曲げたりで摩擦が多くなる袖の部分も忘れずにブラッシングしましょう。ここでもブラシの動かし方は上から下にがポイントです。

 

パンツは腕にかけて

パンツのブラッシングも忘れずに実行しましょう。全体に軽くブラッシングをしましょう。縦方向を意識しましょう。

 

ここまでの工程を毎日のスーツ着用後に行えば、何もしないときよりもスーツの寿命は延びてくるはずです。慣れてくれば1~2分で終わる作業なので、せっかくのスーツを大事に使っていくためにも、ぜひ実行してみてください。

 

最後に

日々のブラッシングでスーツの寿命は長くなりますが、もっと寿命を延ばすにはスーツに休息を与えることが大事です。1日着たら2日は休ませる、3日に一度の着用のローテーションを組むと、スーツはより長くお使いいただけるようになります。大切なスーツにしっかり休養を与えてあげてくださいね。

『裏』までこだわって、おしゃれにかっこ良くスーツを楽しむ

2018.06.04

広島でスーツ礼服がダントツに安い店【メンズ倉庫】の安東です。こんにちわ。

前回に続き今回も自身の仕上がったオーダースーツを使い、かっこよく、おしゃれをする為に、無料・有料で選べるオーダースーツのオプションについてふれていこうと思います。ちなみに前回のブログでは、スーツとボタンの関係について書きました。詳しくは『無料オプションを上手に使ってオーダースーツをおしゃれに!』をご覧ください。
では今回もこちらのスーツを使いご説明していきます。

既製品でよく使われる裏地

前回はこちらの写真で見ることのできる「ボタン」についてでしたが、今回はパッと見ただけではわからない、目立たないオプションについてご説明していきます。

今回ご紹介するのは上着のボタンを外した時や、上着を脱がれた時に見える『裏地』です。ボタンと違い見えにくい場所ですが、見えないところぐらいはちょっと変わったのを選ぼうか、というお客様も多く、ボタンよりもよく選ばれる人気のオプションとなっております。

それではスーツの裏地について語っていきます。

ですがその前に、ボタン同様まずは既製品の場合に多く見られる裏地の合わせ方をご紹介していきます。ボタンの時と同様、基本的にはスーツのメインとなる表地に近い色を合わせていくのが既製品の裏地のつけ方です。表地が黒なら裏も黒、紺なら紺、グレーならグレーといった感じになります。中には変わった色がついてる場合もありますが多いのはこのスタイルですね。

ボタンの時と同様、変わった裏地にしてしまうと、それによって購入を控えられる方がいらっしゃてはいけないので、既製品では無難な組み合わせになっているものが多いです。

オーダースーツの裏地

さて、それをふまえたうえで今回のスーツをめくってみます。

今回はボタンを無料にした代わりに裏地は有料のものを選んでみました。

紺色の花柄

普段見えにくい『裏』だからこそこれくらい派手なのを選んでもいいですよね。柄は派手なんですが、色を抑えたので遠目だとおとなしそうに見えるのもいい感じです。では、今回選んだ裏地以外でオーダースーツでお選び頂ける裏地にはどんな種類があるのかご説明していきます。

無料で選べる裏地の種類

まずは無料でお選び頂ける裏地です。


「無地系」が多いですね。色の種類としてはある程度揃っています。さきほど書きましたが既製品のように考えるなら、こちらの中から表地と同じような色合いを選んで頂くと、定番的なスタイルとなります。遊びを選ぶなら表地の事は忘れて、好きな色をお選び頂いて派手にしてみてください。

有料の裏地いろいろ

続いて有料(2000円)の裏地です。

無料に比べると無地系の種類も増えますし、ドットやチェックなどの柄物も選べるようになります。柄物と言ってもそこまで極端に派手というものはないので、すこし裏地で遊んでみようかな・・・と思ってる人でも安心してお選びいただけます。実際お店でも、こちらの裏地の種類を選ばれる方が一番多いです。

特に人気はドット柄ですかね。

最後にこちらの有料(8000円)の裏地です。


お値段は上がりますが、その分個性豊かな柄が選べます。

今回、自分のスーツはこちらの中から選びました。無料やもう一つの有料の方だと、チラッと見えただけではなかなか裏地の変化にも気付かれにくいですが、こちらだとチラッと見えるだけで裏地の遊びがよくわかります。

せっかくオーダースーツを購入するんだから、こだわって遊びを入れて作りたい!という方に人気となっています。

裏地はボタンと違い、目に見えにくい部分ですが、ここを変えるだけでもグッとオーダーらしさが広がる人気のオプションです。

変えなくてもいい部分ではあるんですが、せっかくのオーダースーツ、楽しんで作ってみてもらいたいですね。

もし、変えてみたいけどいきなり派手にはできない・・・と、思う方は無料の中で表地とまったく違う「外し」の色を選ぶところから始めてみてもいいかもしれませんね。もちろん、最初から個性的な柄物にいくのもアリですよ。

裏地が主役になる時!?

さて、そんな普段はあまり目立たない裏地ですが、着用時に表地に負けないくらい主役になる瞬間があります。それは最近流行りの3ピース(ベスト付き)スーツの時です。上着を脱がれて、ベスト×パンツのスタイルになった時それはやってきます。なぜならベストの背中側の部分は選んで頂いた裏地になるからです。上着を着てる時はもちろん隠れるんですが、脱いだら背中はその裏地を見せるようになります。

この背中丸出しの状態の時は裏地が『裏』ではなくなるので、3ピーススーツを選ぶ際には、その点にご注意ください。(ベストの見える部分だけを、おとなし目の色に変えることも出来ます。詳しくはお気軽にスタッフまでお尋ねください。)

知っておくとお得!裏地の意外な使い道

ここまで裏地について話してきて、裏地に興味をお持ちいただけたでしょうか?

裏地に興味をお持ちいただく最後の一押しとして最後に、裏地を使った「特殊オプション」をご紹介します。

先程書きましたが、ベストの背中を見せない限り、裏側に隠れてしまってる裏地なんですが、ベスト以外でその裏地を表舞台に立たせることができるんです。そのオプションの名前は、『胸ポケットチーフ仕立て』といいます。上着の胸ポケットの裏地を引っ張り出すことで、まるでチーフを挿しているように見える仕様です。既製品でもごくまれにこの仕様がみられますが、基本的には胸ポケットの裏地は余分をもって作らないので、通常引っ張り出すことはできません。

ポケットチーフは何通りも折り方があります。残念ながらこちらの仕様では、「パフドスタイル」という形にしかなりませんが、それでもわざわざチーフを用意しなくてもその場でチーフスタイルが楽しめるので、おしゃれを楽しみたい方におすすめです。有料(1000円)にはなりますが、オーダースーツならではの遊びの効いたオプションとして、ひそかに人気がでてきています。

前回はボタン、今回は裏地と、オーダースーツにおいて主役である表地をささえる「脇役」について話してきました。

次回オーダースーツを作る際に、ぜひ参考にしてください。オーダースーツは本当に奥が深いですね。

1 3 4 5 9
このページの先頭へ
このページの先頭へ
このページの先頭へ