メンズ倉庫

1着目から卸売り価格!
広島市安佐南区上安にあるメンズスーツ専門店です。 お店の場所

取扱商品

取扱商品

スーツ

よりエレガントなスーツスタイルを

スーツの用途は様々です。ビジネスで使う方もいれば、結婚式などで使う方もいらっしゃいます。
様々な場面で、より自分を格好良く見せ、よりオシャレに見せるために、シルエット、スタイル、色・柄、様々な面からおすすめのスーツをご提案します。
着る方の年齢やお好みに合わせた価格帯、デザインを多数ご用意しています。

スーツシルエットは常に進化しています。
例えば10年前のスリムスーツと現在のスリムスーツを比べてみると、驚くくらいのシルエット変化があります。着る人や見る人の感性の進化により、より細さを追及したり、また裾幅だけ細くモモ幅は太くすることでギャップから生じる細さを表現したりさまざまです。
価格は約13,000円~約19,000円がボリュームゾーンで、デザイナーズブランドのスーツでも30,000円までとお求めやすい価格展開です。

クラシックなスタイルのスーツもご用意しています。
昨今のスリムタイプのスーツに対してクラシックなスーツではレギュラーシルエットで1タックとそれほど細くは設定していません。
着慣れた通りのスーツを着たい方や、スポーツなどで体格のしっかりした方にはおすすめするシルエットです。
ゆとりのあるVゾーンとラペル巾は大人の余裕を表現しています。
価格帯は約13,000円~約25,000円くらいです。

礼服

大切なシーンに欠かせない「礼服」

礼服を着るシーンは格調高い場面が多くあります。
メンズ倉庫の礼服はどのような場面に出ても恥ずかしくないような、しっかりとした仕立てと色の黒さで定評があります。

礼服を着るシーン場面は何かと緊張することが多いです。
結婚式、告別式など、何かと「式」という言葉がイメージさせるようにかしこまったシーンで着用することが多いのも特徴です。
大切なシーンで恥をかかないように、そして自分に自信を持ってゆったりとした立ち居振る舞いを出来るように、メンズ倉庫の礼服は安いだけじゃなく、最高品質のものを取り揃えました。

シングル礼服 15,800円~35,800円
ダブル礼服 13,800円~35,800円

一般的に礼服は価格が上がるほど色が黒くなります。
スーツもそうですが、礼服の原料となるウールはもともとは白色です。それを黒に染める段階で脱色の工程数、また染色の回数、染めの深さや手間などで金額が変わってきます。

ご予算に応じて沢山のバリエーションをご用意しています。

一番よく見かける礼服の正式名称は「略礼服」といいます。
それ以外にも、タキシード、モーニング、テールコートなど、実は礼服には様々な種類があり、着る場面も決まりがあります。
通常の結婚式に参列する程度でしたら略礼服で十分ですが、格式の高い結婚式や、主賓として招かれた時などは、少し注意が必要です。
メンズ倉庫ではそういった正礼装、準礼装についても取り寄せすることができます。
タキシード 46,400円~
モーニングコート 46,400円~

オーダー

ワンランク上を行く着心地とデザイン性

既製品では満足できない方や、体型的に既製品では対応できない方にはオーダースーツをご用意しています。
オーダーならではの着心地とデザイン性は一度つくると、やみつきになる方が多くいらっしゃいます。
メンズ倉庫で自分だけの1着を探してみてください。

もっとスーツを楽しみたい方には、オーダースーツもご用意しています。
メンズ倉庫のオーダースーツは一部を除き完全国内縫製です。また仕上がり後の微調整も全て無料で承っております。
シルエットやデザイン、裏地の色柄・ボタンの1つまでこだわりたい方にはオーダースーツは特におすすめです。

メンズ倉庫では値段をできるだけ安く抑えるために、生地のストックは置かずたくさんのバンチブックの中から見ていただいています。ですからバンチブックの種類の豊富さには目を見張るものがあります。

オーダースーツは、生地代+縫製代を含めて35,800円からです。
生地の種類には国産の生地をはじめ、海外メーカーの生地も多数取り揃えております。

国産生地 42,800円CANONICO, REDA, など 58,000円Ermenegildo Zegna, ドーメルなど 88,000円~
価格は、生地代+縫製代、微調整などすべて含んだ金額です。

オーダースーツについて詳しくは【オーダースーツの縫製工場を見学してきました】をご覧ください。

このページの先頭へ
このページの先頭へ
このページの先頭へ